2017年01月06日

中国古代の義足 (トルファンの車師国)


Fully functional leg prosthesis from a third/second century BC grave in Turfan, China
中国のトルファンで、紀元前2世紀~3世紀のお墓から、実用的な義足が見つかりました

http://bridging-eurasia.org/en/node/337

Rekonstruktion_des_Stelzbeins_0.jpg

(訳注:車師国の住民は、コーカソイドでした)

Introduction
はじめに

‘Standing on one’s own feet’ is synonymous for self-sufficiency.
「自立」とは、「両足が地に着いた」、つまり、自分で何でもできる事です。

An individual whose foot or lower leg is disabled or lost due to accident or disease ultimately needs cultural intervention for survival.
病気や事故で、足首から先や、膝から下を失ったり、片足が動かなくなった場合、社会の助けなしには、生活が出来なくなります。

Walking sticks or crutches are the simplest supporting tools helping to regain mobility but keeping hands occupied.
杖や松葉杖をついて歩くのが、一番簡単な方法ですが、その場合は、両手がふさがります。

The use of a functional artificial shank allows the person to lead a close-to-normal life.
義足を付ければ、その人は、日常生活に困りません。

Therefore, the invention of a prosthesis was a great advance in medical engineering.
だから、人工補綴物(義肢など)は、医学的な大発明でした。

Indirect textual evidences, e.g. the Hegesistratus story recorded by Herodotus (484–425 BC) about an artificial wooden foot1,2,
直接の証拠ではありませんが、ヘロドトス(紀元前484年~425年)が、ヘゲシストラトスの木製の義足について記述しています。

suggest that foot prostheses were already known in the Graeco-Roman world in the fifth century BC3.
紀元前5世紀のギリシャ・ローマ時代には、すでに、義足があったと考えられます。

The oldest prosthesis of a big toe was found in Thebes, Egypt and dated around 950–710 BC.
最古の人工補綴物は、エジプトのテーベで見つかった人工の足の親指で、紀元前950年~710年頃のものです。

So far the oldest preserved leg-prosthesis assigned to a man’s skeleton with his right leg missing from the mid-calf was discovered in Capua, Italy, in 1885 and dated to circa 300 BC.
遺骨に装着した状態で見つかった最古の義足は、右足のふくらはぎの真ん中から先を失った男性のもので、時代は、紀元前300年頃、発見されたのは1885年です。場所は、イタリアのカプアです。


The ‘Capua leg’ had a wooden core and luxurious bronze sheeting, indicating the owner’s wealthy status.
「カプアの義足」は、木製の芯を青銅の板で覆った贅沢なつくりで、義足の持ち主の裕福さを示しています。

Its functionality has remained uncertain, as the device was lost during the Second World War.
この義足の実用性については、不明です。第二次世界大戦中に、義足が紛失したからです。

In China, historical texts report foot or leg amputation as one of the “five punishments” from the late second millennium BC onwards
中国の史書には、「五刑」の一つとして、「足切り」があります。その歴史は、3000年以上です。

and bronze figurines of an invalid with an amputated lower limb are dated to circa 900 BC.
そして、紀元前900年頃の片足を切断された青銅の人形が見つかっています。

However, neither depictions nor preserved examples of prosthetic devices or skeletons with healed amputations have been reported to date.
しかし、古代の義肢も、足を切断した後、治癒した人の遺骨も、見つかっていませんでした。

Midway between the Graeco-Roman and Chinese worlds a wooden peg-leg was excavated near Turfan in the Uygur Autonomous Region Xinjiang, China.
ギリシャ・ローマと中国の間に位置する、中国の新疆ウイグル自治区のトルファン近郊で、木製の義足が発掘されました。

The current study discusses the construction details, wear, and absolute age of the prosthesis and pathological changes in the skeletal remains of its user.
本研究は、その義足の構造、摩耗、年代、そして、義足を装着した事による骨の病理学的変化について議論します。




Grave setting and archaeological context
墓所の位置と考古学的背景


The Shengjindian graveyard is situated about 35 km east of modern Turfan city on the upper terrace, which belongs to the valley crossing the ‘Flame Mountains’ in the eastern part of Tian Shan.
胜金店(勝金店 )墓地は、現在のトルファン市の約35km東にあり、天山山脈の東部の火焔山を貫く峡谷の上部段丘に位置します。

墓地の位置.jpg

In total, 31 tombs were excavated there in 2006-2008.
2006年から2008年に、全部で31の墓が発掘されました。

墓地詳細.jpg

The current study is focused on the tomb 2007TSM2 (M2), which contained the wooden peg-leg and the well preserved skeleton of its user found in a side chamber.
本研究は、2007TSM2 (M2)と名付けた墓の側室から見つかった、木製の義足と、その使用者の保存状態の良い遺骨についてです。

埋葬図.jpg

Another well preserved skeleton was found in a 110 cm deep vertical shaft.
深さ110㎝の竪穴からは、保存状態の良い別の遺骨も見つかりました。

Based on the morphology of skull and pelvis6 these two individuals were a man and a woman.
頭蓋骨と骨盤の形から、二体の人骨は、男と女だと分かります。

Signs of a secondary opening indicate that the tomb was constructed primarily for the man, and the woman was interred later.
墓を二度開けた跡があるので、男性を埋葬した後で、女性も埋葬したようです。

Partially displaced or missing small bones of the man’s skeleton likely resulted from this later opening.
男性の小さな骨が、紛失していたり、場所が変わっていたりするのは、二回目の埋葬の影響でしょう。

Construction of the tomb and grave goods match the general features of the whole graveyard and indicate its commoner status.
墓の形状と副葬品は、墓地の他の墓と同じなので、被埋葬者は、平民と考えられます。

出土品.jpg

The whole graveyard belongs to the Subeixi (Subeshi) culture, which is associated with the Cheshi (Chü-shih) state known from Chinese historical sources.7
ここは、中国の史書に車師国と記されている、苏贝希(スベイシ・蘇貝希)文化の墓地です。

Archaeological and historical data attest it as a complex society with a developed agro-pastoral economy, which existed in the Turfan Basin during the 1st millennium BC.
考古学的、歴史学的証拠から、彼らは、三千年前から二千年前に、トルファン盆地で、農耕牧畜経済を基盤とする高度な社会生活を営んでいました。

For reliable age determination three samples from the peg-leg and six other wood and human bone samples representing tomb M2 were submitted to the Radiocarbon Dating Laboratory at Peking University.
はっきりした年代を知るために、義足から三つのサンプルと、M2の墓の中の六つの木や人骨のサンプルを採取し、北京大学で放射性炭素年代測定を行いました。

All dates overlap within a 95% confidence range from 2190 to 2130 BP, suggesting the tomb was most probably constructed circa 240–180 BC.
全ての測定結果が、95%重なる範囲は、BP年代で2190年から2130年前となり、墓の年代は、紀元前240年から180年と考えられます。

(訳注:BP年代は、西暦1950年を基準とする。)

Table_1_0.jpg


The peg-leg owner
義足の使用者

Li_Figure 2.jpg

Anthropological investigation of cranial sutures of the skull, symphyseal pubis morphology and tooth wear7 indicated a 50–65-year-old man, who was circa 170–178 cm tall, calculated from the length of his long bones.9
頭蓋骨の頭蓋縫合や恥骨接合面の形態、および、歯の摩耗から、50歳から65歳の男性と判断されます。長骨の長さから、身長は、170cmから178cmだったと考えられます。

His left knee joint (figure 1, A) showed complete bony fusion of femur, patella, fibula, and tibia, i.e. osseous ankylosis with fixation at 135° flexion and 11° internal rotation.
彼の左膝関節(図1、A)には、大腿骨、膝蓋骨、腓骨、脛骨の完全な骨性癒着 が見られ、骨性強直は、135°の屈曲と11°の内転の位置で固定しています。

Different causes like inflammation in or around the joint, rheumatism or trauma might have resulted in this pathological change.
この病理学変化の原因としては、関節内または周辺の炎症、リュウマチ、外傷などが考えられます。

Inspection using X-ray images (figure 1, B) and computed tomography supported the elimination of fracture or other mechanical trauma.
X線像とCT画像診断により、複雑骨折などの機械的損傷ではない事が分かりました。(図1,B)

Li_Figure 1.jpg

In the case of rheumatoid arthritis, more joints should be affected, but none of the others showed comparable lesions.
関節リュウマチであれば、別の関節も影響を受けるはずですが、そのような病変は、他の関節には見られません。

Osseous ankylosis caused by inflammatory processes10,11 is often due to infection with either Mycobacterium tuberculosis or Mycobacterium bovis, both members of the M. tuberculosis complex.10,12
炎症による骨性癒着は、結核菌群 (M. tuberculosis complex) に分類される、ヒト型結核菌(Mycobacterium tuberculosis)やウシ型結核菌(Mycobacterium bovis)への感染で、しばしば見られます。

Apart from the ankylosed knee joint, periostitis on the visceral surface of the ribs as a palaeopathological indication of pulmonary tuberculosis13,14 has been observed on ribs two to eleven (figure 2, A).
強直した膝関節の他に、第二肋骨から第十一肋骨の臓側面に骨膜炎が見られ、古病理学的に肺結核の症状と考えられます。

Necrotic lesions in combination with new bone formations between the fifth and sixth cervical vertebra (figure 2 B) probably indicate skeletal tuberculosis infection.16
壊死性病変に伴う第五頸椎と第六頸椎の間の新生骨形成(図2B)は、おそらく、骨関節結核のためでしょう。

Lesions of the left third and fourth among other ribs of the 19–20-year-old woman from the same grave (figure 2 C,D) suggest another possible case of tuberculosis.
同じ墓に埋葬されていた19歳から20歳の女性の左側の第三肋骨と第四肋骨の病変(図2 C, D)も、結核によると考えられます。

The smooth surface of the bones affected by the ankylosis suggests the active inflammatory process stopped years before death.
強直が起きた部位の周辺の骨の表面は、滑らかなので、死亡する何年も前に、激しい炎症が治まっていたと考えられます。

The measurements of the midshafts of femur and tibia16 show almost no bone loss on the affected side, suggesting that the invalidity most probably occurred when the man was 40–50 years old.
大腿骨と脛骨の骨幹部の測定で、病変側に骨の欠損がほとんど無い事から、この男性の足が不自由になった年齢は、40歳から50歳と考えられます。

Table_2_0.jpg

CT scans and radiograph allow the reconstruction of bone formation processes from bone remodelling within the inner structure of the bone, followed by depletion of the normal load lines of the bone and finally reduction of trabecular bone because the leg was not used for walking any more.
CTスキャンとX線像から、骨内部の構造変化を読み取ることができます。歩行に使われなくなったため、足の骨への負荷線が変化し、海綿骨が減少しました。(訳注:骨の内部が骨粗鬆症のようになっている)

The high degree of flexion of the lower limb made standing and walking on it unfeasible and horseback riding would have been greatly hindered due to the internal rotation.
下肢の大きな屈曲が、立つことや歩行を困難にし、内側への回転が、乗馬も困難にしたでしょう。

The wooden peg-leg supported walking and active lifestyle until death, as indicated by pronounced muscle attachment sites on all bones.
木製の義足が、死亡するまでの日常生活や歩行を助けた事が、骨への筋肉付着位置から分かります。


Characteristics of the peg-leg
義足の特徴

Li_Figure 3.jpg

The device (figure 3, A,B) consists of a flat, lateral thigh-plate stabilizer and a round distal peg made in one piece from soft wood;
義足(図3 A, B)は、大腿部の横に装着する平らな部位と、円柱状の先端部分が、柔らかい木材から削り出されていて、

robust horn to reinforce the tip of the peg; and a hoof as sink resistance like a basket on ski poles.
先端部分には、強化のために、動物の角が取り付けられており、さらに、その先には、スキーのストックのバスケットのように、蹄が取り付けられ、土中に埋まり込むのを防いでいます。

One side of the thigh plate clearly shows the outline of the knee (figure 3, C) and substantial thinning of the plate in its lower part (figure 3, D) as a result of long-term rubbing.
平坦な大腿装着部の片面は、膝にくっついていた跡(図3, C)があり、その下部(図3, D)は、長年の使用による摩耗で、かなり薄くなっています。

The surface of the outer side is dark and rough except for the shiny top-end indicating covering by garment, indicating that the peg-leg was fastened to the outside of the left leg.
外側の表面は暗色でザラザラですが、上端は滑らかで、この部分が衣服に触れ、また、この部分で、義足が左足の外側に固定されていたと思われます。

The top end of the thigh plate has two holes with straight upward friction grooves likely accommodating a waist strap.
大腿装着部の上端には、二つの穴があり、穴の上方には、摩擦による溝がありますが、腰に固定するための紐の跡と考えられます。

The other six lateral holes on each side served to fasten it around the thigh.
両端に6つずつある横穴で、大腿部に固定したのでしょう。

Some holes show remains of chisel-cut marks smoothed over time by the leather straps.
いくつかの穴では、錐で開けた穴に、皮ひもが擦れた跡が付いています。

Preserved straps and deep downward friction marks on both the outer and inner faces allow the principal way of fastening to be reconstructed as follows.
残っている紐と、外側と内側の表面に着いた、深い下向きに擦れた跡から、紐による固定方法が再現できます。

A single short strap was run through two neighbouring holes, both ends coming out on the inside of the plate.
一本の短い紐が、隣同士の穴に通されて、紐の両端は、板の内側に出ます。

One end was sliced in two, the other had a cut eyelet and linked up with a strap or button fixed to a thigh casing.
紐の端の片方は、カットされて二本になり、別の端には、切込みが入れられ、大腿部覆いに、ボタンか紐で固定したのでしょう。

In this way the stabilizer was fastened to the thigh at six stable fixation points.
このようにして、六ケ所で大腿部に固定されました。

The distal peg end was forced into a straightened goat/sheep horn.
義足の下部は、真っ直ぐに加工されたヤギかヒツジの角に差し込まれています。

Its pointed front side is bevelled from dragging over hard ground (figure 3, E).
一番先端は、固い地面との接触でちびています。(図3, E)

A horse/donkey hoof was pulled over the horn and secured in place with a leather strap run through a horizontally drilled hole penetrating the horn.
ウマかロバの蹄が、角に装着され、角に水平に貫通した穴に、皮ひもで固定されています。


Discussion
結論

The shank of the man from Shengjindian was not amputated, but fully disabled.
胜金店(勝金店 )墓地で見つかった男性の膝下は、切断されてはいませんが、完全に不自由でした。

The peg-leg, which replaced the disabled limb, therefore deserves to be termed a ‘prosthesis’.
不自由になった下肢の替わりとなる義足を、人工補綴物と言います。

The above mentioned Capua prosthesis was missing a thigh apparatus for secure fastening.
先述のカプアの義足には、大腿部への装着部分がありません。

Optically more than functionally it restored the user’s physical integrity when sitting on a chair or riding a horse.1
カプアの義足は、機能性よりも、椅子に座ったり馬に乗った時の見た目のために造られました。

The prosthesis found in the commoner’s tomb from Shengjindian is neither elegant nor made of precious materials.
胜金店(勝金店 )の平民の墓地で見つかった義足は、美しい造りでもなく、高価な材料を使っている訳でもありません。

However, it is unique in terms of technical design, robustness and functionality.
しかし、それは、技術的デザイン、頑丈さ、機能性の点では、優れています。

Except that no stump was accommodated in the Turfan peg-leg and a horn plus horse/donkey shoe were used instead of iron for reinforcement of the tip, the ancient device resembles the industrially manufactured or home-made leg prosthetics used two thousand years later.2
トルファンの義足は、切断した足用でない点と、先端の補強が鉄ではなく、動物の角とウマかロバの蹄を使用している点を除いては、二千年後の製品化された義足やハンドメイドの義足に、とても似ています。

The pathological changes in skeletal remains reported here add to our knowledge of tuberculosis history.15
遺骨の病理学的変化は、古代の結核の症例として重要です。

Asian records of tuberculosis are still rare.17
アジアにおける結核の歴史的証拠は希少だからです。

Together with our results, M. tuberculosis DNA identified in adult and child skeletons from the wealthy graveyard (202 BC–200 AD) near Turfan18,
私たちの研究結果の他には、ヒト型結核菌のDNAが、トルファン近郊の富裕層の墓地(紀元前202年~紀元後200年)で、成人と子供の骨から検出されていて、

the first century BC case of spinal tuberculosis from Korea19, and M. bovis identification in human remains from south Siberia dated to 360–170 BC20 show a wider frontier of disease.
さらに、紀元前一世紀の韓国で、脊椎結核の例が見られ、また、紀元前360年~紀元前170年頃の南シベリアの人骨から、ウシ型結核菌が確認されていて、この病気が広範囲にあった事を示しています。

Known for the increase in residential mobility and the spread of complex pastoralism and mounted warfare in Eurasia, the first millennium BC therefore seems to be crucial for the spread of tuberculosis in East Asia.
紀元前1000年から紀元にかけての民族の移動性の増大と、ユーラシアにおける複合牧畜と騎馬戦術の普及が、東アジアに結核をもたらしたと考えられます。

英語の論文
http://bridging-eurasia.org/en/node/337

中国語の論文
http://bridging-eurasia.org/zh-hans/node/338

中国語の関連論文
http://wenku.baidu.com/view/6f528c253c1ec5da50e270c9.html?re=view###

ロシア語版
http://polit.ru/news/2016/01/12/ps_prosthetic_leg/


posted by ウクライナ人妻の夫 at 22:04| Comment(0) | アーリア人の先祖 | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

タリム盆地の古代都市国家群 その3

Ancient city states of the tarim basin

5.軍事関係 Military Matters

Western_Regions_in_The_1st_century_BC_3.gif

ニコラ・ジ・コスモ
Nicola Di Cosmo

軍事2gif.gif

5.軍事関係   p400 - p401

張騫は、軍事に関する情報を主に収集したので、彼の残した記録に軍事情報が多く記されているのは当然です。二種類の情報が記されています。その二つとは、軍事的資源と軍事行動です。軍事的資源からは、各国の相対的な強さが分かります。軍事行動の記録からは、国々がなぜ軍事力を使うことになったかの理由が分かります。
  すでに紹介したように、漢書には、各国の軍事力が記されています。さらに、遊牧国家の方が、定住国家よりも重武装だった事が分かりました。これは、生活様式の違いの問題ではなく、遊牧民が馬を所有し、また、金属の入手ルートも持っていたからです。その事が、はっきりと記録に残っているのは、新彊:Xinjiang東端部から甘粛省:Gansuと青海省:Qinghaiに住んでいた遊牧民の羌族:Qiangです。彼らは鉄の鉱山を知っていて、鉄の武器を製造していました。弓、槍、ナイフ、剣、甲冑などです。武器を製造していた定住民もいました。たとえば、龜茲:Qiuziや楼蘭:Loulanです。
  すでに述べたように、定住国家の政府の官職名から、遊牧民と定住国との間の緊張関係が見て取れます。定住国は、砦で防戦しました。車師:Jushi(姑師:Gushi)の王についての記録に「北の石の砦にいる。まだ持ちこたえている。」とあります。これは、車師が、漢軍の攻撃を受けた時の記録です。定住国家のいくつかは、歩兵の他に騎兵も持っていました。 たとえば、拘彌:Jumi (扜彌:Yumi)には、騎兵隊長の官職名の「騎君」が見られます。逆に、遊牧民も砦を構えていました。なので、遊牧民と定住者の戦闘方法に大きな違いがあったとは思えません。ただ、遊牧民は、軍事的資源を所有していて、兵士と馬の数が多く、また、優れた武器を持っていました。
  なぜ遊牧民と農民が、敵対していたのでしょうか。遊牧民が、自分たちに欠けている産物を得るために、農業国家を襲ったのだろうと、一般に考えられています。遊牧民の需要についての文書記録ですが、いくつかの牧畜国家で、農作物の自給が不十分なために、食糧を他国に頼ったとあります。農業資源をめぐる競合が、国家間紛争の原因だった可能性が十分あります。しかし、文書記録には、遊牧民が農業国を襲った例はなく、むしろ、遊牧国家が農業国を征服して搾取した例があります。遊牧国家が非常に強力であれば、都市国家を属国にして産物を上納させる事ができました。このようにして、遊牧民は、領土外に展開する軍隊への安定した食料供給を得ていました。そのような強大な軍事力がない遊牧民は、農業国と物々交換をしました。
  強大な遊牧民が、オアシス諸国家を従属させていた例として、車師:Jushi(姑師:Gushi)地方を巡る匈奴:Xiongnuと漢:Hanの紛争があります。車師:Jushi(姑師:Gushi)地方は、その地を手に入れた者が、自分の軍隊への十分な食料補給が可能になる戦略的位置でした。この地を巡る紛争は、長い間続きました。漢も匈奴も、自国民をこの地に入植させて耕作をしました。入植者を守る大部隊(十分な兵力とは限りませんが)も一緒に駐留しました。遊牧民の土地に隣接する肥沃な車師:Jushi(姑師:Gushi)の土地は、遊牧民にとっては、穀物やその他の貢ぎ物が得られる絶好の場所だったのです。ほかの諸都市国家も、遊牧民に貢納しました。国家間に、このような軍事経済関係が出来上がったのです。遊牧民にとっても、勢力を広げるためには、軍事政治的に定住者の国を従属させる必要がありました。中国人が、この地に来て、匈奴の軍事政治的影響力を取り除くために最初に行ったのは、匈奴に従属している諸都市国家を解放するための戦争です。この地方の当時の紛争の多くは、超大国であった匈奴と中国による、農業資源を巡る戦いです。双方が、農業資源を、敵に渡さず自己の軍隊を養うために利用しようとしました。ハミ地区(訳注:Hami、哈密、新疆の東端)は、特に遊牧民の侵略にさらされる土地で、中国が植民地駐留軍を引き上げた時に、すぐに攻撃を受けました。遊牧民は、定住者を襲撃するだけではなく、定住国家に侵入して耕地を取り上げたようです。後漢(紀元23年~紀元220年)の衰退後、この地方では、大国が小国を征服するようになり、一つの都市国家よりも大きな規模の国々が生まれました。莎车 Suoju(ヤルカンドYarkand、莎車Shache)、 鄯善Shanshan(クロライナKroraina、楼蘭Loulan)、于闐 Yutian(ホータンKhotan)、車師Jushi(姑師:Gushi、トルファンTurfan)は、地方の雄として一時的に勢力を伸ばした国々です。しかし、後には、オアシス諸都市が再び独立して影響力を失いました。
posted by ウクライナ人妻の夫 at 21:52| Comment(0) | アーリア人の先祖 | 更新情報をチェックする

タリム盆地の古代都市国家群 その2

Ancient city states of the tarim basin

2100年前のタリム盆地(新疆)にあった都市国家群の経済についての検討

4. 経済 Economy

Western_Regions_in_The_1st_century_BC_3.gif

economy gif.gif

ニコラ・ジ・コスモ
Nicola Di Cosmo

4. 経済 Economy  p398 - p400

これらの国々には、様々な経済基盤がありました。牧畜、農耕、商業、手工業、冶金、さらに、盗みや強盗もです。現在のチェルチェン地方:Cherchenにあった都市の且末:Qiemoが、経済的境界でした。その西には、農耕に適した土地が広がり、記録によると、中国で知られていた全ての作物が栽培されていました。そこの土地、植生、家畜、武器の製造は、大方、漢と同様でした。
   且末:Qiemoの東の国々は、そんなに恵まれていませんでした。楼蘭(Kroraina, Loulan, Shanshan)の経済基盤は農業でしたが、住民を養うには不十分でした。土地が砂地で、塩を含んだ土壌で、農耕には適さなかったので、食糧を周辺国家から輸入していました。そのため同時に牧畜も生業にしていました。そして、農耕文化と牧畜文化の混合が見られました。もっとも、楼蘭の住民の生活様式は、西の諸都市の定住生活よりも、周辺の遊牧民に似ていました。このような経済と生活様式の混合と通商ルートにおける戦略的位置が、楼蘭の住民を、遊牧民と定住者の間の媒介者にしたのでしょう。羌:Qiangが、楼蘭から穀物を輸入したがっている記録が残っています。これは、楼蘭自身が穀物を輸入していた事と矛盾します。羌:Qiangが楼蘭から輸入した穀物は、もしかしたら且末:Qiemo産かもしれません。もしそうなら、これは、タリム盆地の各地を結ぶ経済構造の一例と言えます。各地の農産物が、楼蘭を仲介として、遊牧民に供給されていたのです。それから、記録によると、姑師:Gushi(車師:Cheshi)と楼蘭は、西域諸国への玄関口に位置していました。それらの西域諸国は、中国の使節団を襲ったり強盗したりして、たびたび妨害しました。
旅行者にとって危険な地域があった事は、劫:Jieという国があった事からも、うかがえます。(訳注:中国語で「劫」は、強奪する、略奪する、かすめ取る)その地域では、強盗が、職業の一つだったのです。別の見方をすれば、このような乱暴な襲撃で、西域諸都市が、自らの経済主導権を、中国商人から守ろうとしたのでしょう。楼蘭は、このように、商業的戦略的に重要地点でした。それゆえ、自然環境に恵まれない乾燥地帯にもかかわらず、楼蘭は、中国の西域征伐の歴史で、軍事作戦上、あるいは、政治的な重要拠点になったのです。
  文書記録は、冶金工業の発達した地域について述べています。コルラの南にあったと思われる国、墨山:Moshan(黒い山の意味)の住民5000人は、鉄鉱山の近くの丘に住み、農作物は、焉耆:Yanqiと危須:Weixuから輸入していました。これは、鉱山業と冶金業で生計を立てていた集団の一例でしょう。冶金が主要産業だったと思われるもう一つの国は、現在の阿克蘇:Aksu 近くにあった姑墨:Gumoです。銅、鉄、石黄(訳注:ヒ素の硫化鉱物:orpiment)が産出したのです。同地方に残るヌラサイ銅鉱山遺跡(Nulasai Copper Mine, 奴拉赛铜矿遗址)は、主に遊牧が主体のこの地域に、かつて高度に発達した冶金業があった証拠です。姑墨:Gumoの産業については、冶金業以外に文書記録は触れていません。ただ、政府の官職名についての記録と、24,500人の人口に対して兵力が4500人と、人口に対する兵力比が小さいことから、遊牧民集団ではなかったようです。推測ですが、姑墨:Gumoの住民は、ほぼ定住者で、冶金業と商業が主要産業だったのかもしれません。もっとも、彼らの軍隊には騎兵がいましたが。
  国の産業が、農業主体なのか牧畜主体なのかは、区別できない場合がよくあります。特に、小国の場合です。そのような小国の例ですが、尉頭:Weitouなどは、300戸しかなくて、住民は、農耕も牧畜も両方していました。この国の住民は、衣装が遊牧民風だったので、一部が定住を始めた遊牧民だったのかもしれません。遊牧民と定住者は、全く別物で、はっきりと区別できるというのは迷信です。定住する牧畜民がいた可能性があるため、各地の社会の産業については、考古学的発掘による証拠から明らかにするしかありません。
  他の資源として、ヒスイ(訳注:nephrite jade、ネフライト、軟玉)の採掘を重要産業とする都市もありました。それは、于闐:Yutian(Khotan)と西夜:Xiyeです。前述の焉耆:Yanqiのように、漁労を重要な産業としていた国もありました。特殊な牧畜を行っていた国もありました。特筆すべき例として、烏秅:Wuchaがあります。 烏秅は、小歩馬を産し、ロバはいるが牛はいないとあります。(訳注:漢書原文「烏秅....出小歩馬有驢無牛」)
  タリム盆地で貨幣が使われるようになったのは、中国の植民地になってからです。それまでは、貨幣は、中央アジア西部の方では使用されましたが、中央アジア東部では、黄金や絹が通貨の代わりでした。しかし、大部分の取引は、物々交換だったと思われます。中国の政治家の桑弘羊(訳注:前漢の武帝の財政家:そう こうよう)は、西域に移住させる兵士や罪人の食料は、漢の貨幣よりも現地では価値が高い金や絹で支払うように勧めました。この発言は、とても重要な意味を持っています。それが、古代の新疆で中国の絹がなぜ大量に流通していたかの理由だからです。西域で絹が貨幣の代わりになるほど重用されたため、地中海地域との長距離貿易で運ばれるよりも多くの絹が西域で消費されました。
  それから、牧畜国と農業国の間での通商がありました。「牧畜国が耕地を欲しがっている。」との記録がありますが、私は、異なる産業を持つ国々の間での物々交換の取引の記録だと考えます。牧畜国が農業国から、取引で穀物を得ていたのでしょう。穀物を得るために軍事力を使用した記録はありません。遊牧民が、ある国を攻撃して、その弱い国に農産物を貢がせる事はありましたが、他国を襲って略奪していた記録は、少なくとも、中国の史書にはありません。
posted by ウクライナ人妻の夫 at 12:02| Comment(0) | アーリア人の先祖 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。