2014年12月12日

発掘直後の発表:リチャード三世の遺骨か? イギリス

2012年9月12日 イギリスBBC (英語)

ri3.png

map2.png

2012年9月12日 BBC放送  (英語)

12 September 2012 Last updated at 13:35 GMT

2012年9月12日 13時35分 グリニッジ標準時

Richard III dig: 'Strong evidence' bones are lost king
リチャード三世:証拠から、死んだ王の骨の可能性が高い

Richard Taylor from the University of Leicester says there are five clues the skeleton may be Richard III, including an arrow found in its back
レスター大学のリチャード・テイラー氏は、五つの点から、リチャード三世の骨の可能性があると言います。一つは、背中のやじりです。

Archaeologists searching for the grave of Richard III have said "strong circumstantial evidence" points to a skeleton being the lost king.
リチャード三世の墓を捜す考古学者らは、状況証拠から、死んだ王の遺骨の可能性を指摘します。

The English king died at the battle of Bosworth in 1485.
そのイギリス王は、1485年にボズワースの戦いで、死亡しました。

A dig under a council car park in Leicester has found remains with spinal abnormalities and a "cleaved-in skull" that suggest it could be Richard III.
レスターの公営駐車場を掘った時に見つかった、脊柱異常と頭蓋骨に傷を受けた遺骨は、リチャード三世の可能性があります。

The University of Leicester will now test the bones for DNA against descendants of Richard's family.
レスター大学は、リチャード三世の身内の子孫と、見つかった骨のDNAを調べます。

Professor Lin Foxhall, head of the university's School of Archaeology, said: "Archaeology almost never finds named individuals - this is absolutely extraordinary.
レスター大学、考古学部のリン・フォックスホール教授は、言います。
「考古学で、名前の知られた人物の遺骨は、まず見つからない。とても稀なケースです。」

"Although we are far from certain yet, it is already astonishing."
「まだ、確証はありませんが、すでに、驚いています。」

Richard III: Analysis リチャード三世:分析

Dr Steven Gunn, University of Oxford
スティーヴン・グン博士、オックスフォード大学

After the battle of Bosworth Henry VII didn't want anyone claiming that they were Richard III and had survived the battle.
ボズワースの戦いの後、ヘンリー七世は、リチャード三世が、まだ生きているという主張が、出ないようにしました。

Richard's body was taken to Leicester, slung naked over the back of a horse, and publicly displayed so people could see he was dead.
リチャード三世の遺体を、レスターに運び、裸にして馬の背中に乗せ、民衆に見せました。人々が、彼の死を、確認するように。

But there was the problem of how and where to bury him - what seems likely is that they wanted to avoid anything that would generate a posthumous cult.
でも、問題は、どこに埋葬するかでした。彼の墓を崇拝する人々が、現れるのを、警戒したのでしょう。

There was a tradition in medieval England that people who were political victims then became popular saints. They wouldn't have wanted to bury him in York, where he was very popular.
中世の英国では、政治の犠牲者が、聖人とした崇められる風潮があったのです。彼の支持者が多いヨークには、埋葬したくありませんでした。

Greyfriars was convenient and safe. Henry VII put steps in action for a tomb to be built, and the inscription was to be ambivalent,
グレーフライアーズは、ちょうどいい場所でした。ヘンリー七世は、墓石にわざと、事実に反する碑文を入れさせました。

and in some ways rude about Richard III, talking about his nephews and indicating that he wasn't a very good king.
リチャード三世に失礼な事を書きました。彼の甥を例に挙げて、悪い王だったと。(訳注:二人の甥を殺した話)

There is evidence that people talked about him being buried there.
リチャード三世が、ここに埋葬されたと言う噂があった証拠もあります。

Listen: What really happened at the battle of Bosworth?
A university spokesperson said the evidence included signs of a peri-mortem (near-death) trauma to the skull and a barbed iron arrow head in the area of the spine.
大学の発表では、頭蓋骨に致死傷があり、背中には、返しの付いた鉄のやじりが刺さっていました。

Richard is recorded by some sources as having been pulled from his horse and killed with a blow to the head.
記録によると、リチャード三世は、馬から引きずりおろされて、頭部に打撃を受けて死亡しました。

The skeleton also showed severe scoliosis - a curvature of the spine.
見つかった骨には、ひどい脊柱側湾がありました。

Although not as pronounced as Shakespeare's portrayal of the king as a hunchback, the condition would have given the adult male the appearance of having one shoulder higher than the other.
シェイクスピアでは、リチャード王が、せむしとして描かれていますが、実際には、左右の肩の高さが、違っていただけです。

Philippe Langley, from the Richard III Society, said: "It is such a tumult of emotions, I am shell-shocked.
リチャード三世協会のフィリップ・ラングリーさんは、言います。「私は、すごく、驚きました。」

"I just feel happy and sad and excited all at the same time. It is very odd."
「嬉しくて、悲しくて、わくわくして、とても妙な感じです。」

As the defeated foe, Richard was given a low-key burial in the Franciscan friary of Greyfriars.
リチャード王は、敗者として、グレーフライアーズのフランシスコ修道院に、ひっそりと埋葬されました。

This was demolished in the 1530s, but documents describing the burial site have survived.
修道院は、1530年代に廃墟になりましたが、墓場は残ったと記録にあります。

The excavation, which began on 25 August, has uncovered the remains of the cloisters and chapter house, as well as the church.
(2012年)8月25日に始まった発掘で、教会の他に、回廊や僧会堂も見つかりました。

Work focused on the choir area, in the centre of the church, where it was indicated Richard was interred.
リチャード王が埋葬されたと思われる、教会中央部の、聖歌隊席を、集中的に発掘しました。

The bones were lifted by archaeologists wearing forensic body suits in an effort to limit contamination by modern materials.
異物が付着しないように、法医学ボディスーツをまとった考古学者らが、遺骨を取り出しました。

DNA will be extracted from the bones and tested against descendants of Richard's family.
遺骨のDNAとリチャード王の家族の子孫のDNAと比較する予定です。

Dr Turi King, who is leading the DNA analysis, said: "It is extremely exciting and slightly nerve-wracking.
DNA分析担当のトゥリ・キング博士は、言います。「怖いぐらい、わくわくします。」

"We have extracted teeth from the skull, so we have that and a femur, and we are optimistic we will get a good sample from those."
「頭骨から歯を取り出したし、大腿骨も使います。良い分析が出来ると思います。」

The tests are expected to take about 12 weeks to complete.
分析には、12週間(三ヶ月)かかります。

If their identity is confirmed, Leicester Cathedral said it would work with the Royal Household, and with the Richard III Society, to ensure the remains were treated with dignity and respect and reburied with the appropriate rites and ceremonies of the church.
分析が終われば、レスター大聖堂は、王室とリチャード三世協会と協議して、相応しい葬儀を行い、遺骨を埋葬します。

Work to record the finds are continuing and discussions about when to fill in the trenches are ongoing, officials said.
発掘調査は、進行中で、現場をいつ埋め直すかは、検討を要します。

http://www.bbc.com/news/uk-england-leicestershire-19561018












posted by ウクライナ人妻の夫 at 17:54| Comment(0) | リチャード三世 | 更新情報をチェックする

500年前のイギリス王リチャード三世の骨を発見 ロシア・イギリスTV

Bones of king Richard III of England were found



В Британии найдены останки короля Ричарда Третьего. Легендарного монарха, воспетого Шекспиром
2012年8月にイギリスのレスターで見つかった人骨のDNA鑑定結果を発表(500年前のイギリス王、リチャード三世)

map2.png

Leicesteer.png

parking2.png

parking1.png

2013年2月4日 ロシア第五放送

Английские ученые сделали сенсационное заявление.
イギリスの学者が、衝撃的な発表をしました。

Они обнаружили останки короля Англии Ричарда III, правившего более пяти веков назад.
イギリス王リチャード三世の遺骨を、発見したのです。500年以上前の王様です。

Скелет монарха и руины монастыря обнаружили под автостоянкой в Лестере.
レスターの駐車場の地下に、王様の骨と修道院の遺跡が、埋まっていました。

Характер повреждений черепа и других костей, ярко выраженный правосторонний сколиоз и само место погребения
頭蓋骨と他の骨の傷と、顕著な右脊椎側湾症と、埋葬の場所が、

совпадают с информацией, известной о короле.
王についての記録と、一致します。

Эксперты даже сравнили образец ДНК покойного с ДНК потомков монарха.
学者らは、遺骨のDNAと、王様の子孫のDNAを、較べました。

И тут обнаружили совпадение!
DNAは、一致しました。

Ричард Третий правил около двух лет, и был последним представителем династии Йорков на английском престоле.
リチャード三世の在位は、約二年間で、イギリスのヨーク朝の最後の王様でした。

Он стал героем одной из самых ярких трагедий Шекспира.
彼は、シェークスビアが書いた悲劇の一つの主役です。

По традиции королевские останки теперь должны перезахоронить в кафедральном соборе Лестера.
遺骨は、王家の慣習に従い、レスター大聖堂に、再び埋葬されます。

http://www.5-tv.ru/news/66022/

2014年12月3日 ロシア第五放送
二年間の詳しい分析で、DNAが、母方の子孫と一致。父方の子孫とは不一致。
Учёные подтвердили подлинность останков Ричарда Третьего

2014年12月3日 ロシア第五放送

Учёные подтвердили подлинность останков британского короля Ричарда Третьего.
学者らは、リチャード三世の遺骨だと、はっきりさせました。

Человеческие кости были обнаружены в городе Лестер во время строительства на автостоянке.
レスターの駐車場で工事中に、人骨が見つかりました。

Анализ ДНК помог установить, что останки принадлежат королю.
DNA鑑定の結果、王様の遺骨だと分かりました。

Кроме того, экспертиза показала, что Ричард был блондином и, скорее всего, голубоглазым.
分析の結果、リチャード王は、金髪だった事が分かりました。目の色も青かったと考えられます。

Ученые также выяснили и некоторые интимные подробности династии.
学者らは、王朝の内情についても、明らかにしました。

Из материалов ДНК следует, что отец короля не был ему родным.
DNA分析で、王の父方の血統が、途絶えていることが分かりました。

Ричард Третий занимал трон всего два года и
リチャード三世が王位に就いていたのは、二年間でした。

погиб 22 августа 1485 года в сражении с войсками Генриха Тюдора.
1485年8月22日に、ヘンリー・チューダーとの戦いで、死亡しました。

Его смерть положила конец войнам Алой и Белой розы.
彼の死で、赤いバラと白いバラの戦争が終わりました。

http://www.5-tv.ru/news/92243/

発掘直後の発表:リチャード三世の遺骨か? 5つの状況証拠
There are five clues that show the skeleton to be Richard III

2012年9月12日 BBC放送  (英語)

Richard Taylor from the University of Leicester
レスター大学のリチャード・テイラー氏

The articulated skeleton, found in the Choir of the church, is of significant interest to us.
教会の聖歌隊席で見つかった、全身骨格に、とても注目しています。

Dr Jo Appleby has carried out a preliminary examination of the remains.
ジョー・アップルビー博士が、最初に、遺骨を調べました。

There are five reasons for our interest:
注目すべき、五つの理由があります。

One - The remains are in good condition and appear to be of an adult male.
第一:遺骨は、良い保存状態で、成人男性のものです。

Two - The Choir is the area reported in the historical record as the burial place of King Richard III.
第二:聖歌隊席は、歴史記録によると、イギリス王、リチャード三世の埋葬場所です。

John Rous, reports that Richard ”at last was buried in the choir of the Friars Minor at Leicester”.
ジョン・ロス氏によると、リチャード王は、レスターのフライアーズ・マイナーに、埋葬された記録があります。

Three - The skeleton, on initial examination, appears to have suffered significant peri-mortem trauma,
第三:その全身骨格は、これまでの調査によると、致命傷を負っています。

the near-death trauma, to the skull
頭蓋骨に、死に至るほどの重傷を負っています。

which appears to be consistent, although it’s not certainly caused by, an injury received in battle.
確証はありませんが、戦いで受けた傷のようにも見えます。

A bladed implement appears to have cleaved part of the rear of the skull.
鋭利な刃で、後頭部を、削り取られています。

Four - A barbed metal arrowhead was found between vertebrae of the skeleton’s upper back.
第四:返しの付いた金属製の鏃(やじり)が、上部胸椎に、刺さっていました。

And five - The skeleton found in the Choir has spinal abnormalities.
第五:聖歌隊席で発見された骨格は、背骨に異常があります。

We believe that the individual would have had severe scoliosis – which is a form of spinal curvature.
故人は、重度の脊柱側湾症でした。つまり、背骨が曲がっていました。

This would have made his right shoulder appear visibly higher than his left shoulder.
左肩よりも、右肩が、上がっていたはずです。

This is consistent with contemporary accounts of Richard’s appearance.
リチャード王の、容姿の言い伝えに、一致します。

The skeleton does not have kyphosis – a different form of spinal curvature.
脊柱後弯症ではありません。それとは別の、背骨の湾曲です。

And the skeleton was therefore not a hunchback.
つまり、せむしではなかったのです。

Both sets of remains are now at an undisclosed location where further analysis is being undertaken.
二体の遺骨は、現在、ある場所で、より詳しい分析をしています。

I need to be really frank with you that the University has always been clear
明確に申し上げますが、大学の見解はこうです。

that any remains would need to be subjected to rigorous laboratory analysis
詳しい研究室での分析が、必要なのです。

before we confirm the outcome of the search for Richard the third.
その結果が出ない内は、リチャード三世の骨かどうかは、分かりません。

We are not saying today that we have found King Richard the third.
リチャード三世の骨を発見したと、言っている訳ではありません。

What we are saying is that the Search for Richard the third has entered a new phase.
私が言いたいのは、リチャード三世の捜索が、新しい段階に入った事です。

Our focus is shifting from the archaeological excavation to laboratory analysis.
考古学的な発掘調査を終え、今は、研究室での分析を行っています。

This skeleton certainly has characteristics that warrant extensive further detailed examination.
この骨格は、より詳しい分析を行うべき、状況証拠を持っています。





posted by ウクライナ人妻の夫 at 17:44| Comment(0) | リチャード三世 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。