2014年12月06日

クレタ島のミニマンモス 英語

World's smallest mini mammoth is identified
世界一小さいマンモスだと分かりました

岬マレカ.png

09 May 2012  2012年5月9日

ロンドンの自然史博物館
http://www.nhm.ac.uk/about-us/news/2012/may/worlds-smallest-mini-mammoth-is-identified110024.html

The smallest mammoth known to have ever lived has been identified by Natural History Museum scientists,
自然史博物館の科学者が、史上最小のマンモスを、同定しました。

and is reported in the journal Proceedings of the Royal Society B today.
今日、王立協会論文集Bで、発表しました。

The world's smallest mammoth may have looked like a dwarf version of this full-size mammoth.
世界最小のマンモスは、大きなマンモスが、そのまま、縮んだ感じだったのでしょう。

The extinct dwarf mammoth, species Mammuthus creticus, was around 1m tall,
その絶滅した矮小マンモス、学名Mammuthus creticus は、高さ約一メートルで

about the size of a modern baby African or Asian elephant.
現在のアジアゾウやアフリカゾウの赤ちゃんぐらいでした。

The mini mammoth weighed about 300kg, half the weight of the previous known smallest dwarf mammoth, M. lamarmorai.
そのミニマンモスは、体重が約300kgで、今までで一番小さかった矮小マンモスM. lamarmoraiの半分の重さです。


クレタ島のマンモスよりも大きい矮小マンモスについて (イタリアのサルジニア島)

ウィキペディアのドイツ語記事を和訳

Mammuthus lamarmorai ist ein Vertreter der Gattung der Mammuts (Mammuthus),
マンムスス・ラマルモライは、マンモス属に分類され

der endemisch im späten Mittel- und im Jungpleistozän von vor rund 450.000 bis möglicherweise 40.000 Jahren auf der Insel Sardinien lebte.
およそ45万年前から4万年前の更新世中期から後期に、サルジニア島だけに生息していました。

Er erreichte eine Schulterhöhe von lediglich 1,4 m und wog etwa 750 kg.
肩高は、わずか1.4mで、体重は、およそ750kgでした。

Überwiegend wurde dieses Zwergmammut bisher in feinkörnigen Ablagerungen im Westteil der Insel gefunden.
この矮小マンモスは、島の西部の細かい粒子の堆積岩から発見されます。

http://de.wikipedia.org/wiki/Mammuthus_lamarmorai
ウィキペディア(ドイツ語版)



The fossils, unearthed in 1904 in Cape Malekas, Crete, have been re-examined and identified
1904年にクレタ島のマレカ岬で発掘された化石を、もう一度調べ直して、種類を同定しました。

by the Museum's fossil mammal experts Dr Victoria Herridge and Dr Adrian Lister.
博物館の哺乳類化石の専門家、ビクトリア・ヘリッジ博士とアドリアン・リスター博士です。

Mammoths are elephants, and 'elephant' is the broad term used for all elephant and mammoth species, living and extinct.
マンモスは、ゾウの仲間です。ゾウは、広い意味を持っていて、ゾウとマンモスの現生種と絶滅種を、全て含みます。

The identity settles a long-held debate about which part of the elephant family tree the Cretan dwarf belonged to.
この同定は、クレタ島の矮小ゾウが、どの系統樹に属するかの、長い間の議論に終止符を打ちました。

Previous thoughts
以前の説

It was thought that the Cretan dwarf was most likely a descendant of the extinct straight-tusked elephant, Palaeoloxodon antiquus,
クレタ島の矮小ゾウは、絶滅した「直牙象」Palaeoloxodon antiquus(ナウマンゾウの仲間)の子孫ではないかと、考えられていました。

because this was the ancestor of nearly all the other extinct dwarf elephants found on various Mediterranean islands including Sicily, Malta and Cyprus.
なぜなら、このゾウが、シシリー島、マルタ島、キプロス島を含む、様々な地中海の島々で見つかった、ほとんど全ての絶滅した矮小ゾウの祖先だからです。

But the new work showed that this was not the case.
しかし、今回の研究で、それに当てはまらない事が分かりました。

Cretan dwarf mammoth tooth fossil.
クレタ島の矮小マンモスの歯の化石

Scientists identify different species of elephant by looking at the enamel 'rings'.
科学者は、ゾウの種類を、エナメル質のリングで、見分けます。

'Our work has meant that we can not only show it is a mammoth,
私たちの研究で、これがマンモスの化石と分かっただけではなく

but also demonstrate it is the smallest mammoth known to have existed,' says Herridge.
史上最小のマンモスだと言う事も、分かりました。と、ヘリッジ博士は言います。

Identifying a mammoth
マンモスの見分け方

Mammoths had twisted tusks and a single-domed head.
マンモスは、牙が湾曲していて、頭のこぶが一つです。

zou.png

But it is an elephant's teeth that are most often preserved as fossils and these are used to tell elephant species apart.
でも、化石として残りやすいゾウの歯が、種類の同定に、用いられます。

The teeth wear down during the animal's life, creating a surface with enamel 'rings'.
ゾウの歯が磨り減って、エナメル質のリング(輪)が、歯の表面に出来ます。

'The enamel rings on the Cretan tooth fossil had 3 character features that resembled mammoths,
クレタ島の歯の化石のエナメル質のリングは、マンモスに特徴的な三つの形質が見られます。

the genus Mammuthus, and, importantly, not the straight-tusked elephant Palaeoloxodon,' says Herridge.
牙が真っ直ぐのパラエオロクソドン属(ナウマンゾウ)ではなく、マンモス属の特徴です。

'Once we had identified it as a mammoth, we then used tooth shape to help us work out which species of mammoth it was most like.'
マンモスである事が分かり、次に、歯の形から、どの種類のマンモスに近いかを調べました。

They compared the Cretan specimen to species of elephant known to have lived in mainland Europe in the past,
クレタ島の標本を、かつてヨーロッパ本土に生息していたゾウと較べました。

the 3 mammoth species, Mammuthus rumanus, M. meridionalis and M. trogontherii, as well as P. antiquus.
比較対象は、マンムスス・ルマヌス、マンムスス・メリディオナリス、マンムスス・トロゴンテリイのマンモス三種類と、パラエオロクソドン・アンチクウス(ナウマンゾウ類)です。

They also discovered new fossils of the mini mammoth from the original Cape Malekas site,
さらに、化石が最初に見つかったマレカ岬で、矮小マンモスの化石を、さらに発見しました。

located using the notes and diaries of pioneering fossil hunter Dorothea Bate who collected the original Cretan specimens in 1904.
クレタ島で1904年に最初の化石標本を採集した、ドロシア・ベイト女史の日記と記録から場所を判断しました。

A fragment of the humerus (upper arm bone) allowed the team to take a measurement of the total bone length
上腕骨の破片から、上腕骨の長さを計算して

so they could reconstruct the size of the adult mammoth as approximately 1.1m tall.
大人のマンモスの背の高さを、1.1mと判断しました。

Mammoth results マンモスの成果

Upper arm bone fossil fragment preserved in rock. It belonged to the smallest mammoth, Mammuthus creticus and scientists used it to give the mammoth an estimated shoulder height of 1m.
岩の中に保存されていた上腕骨の化石。最小のマンモス、マンムスス・クレティクスの物です。この化石から、科学者は、肩高が約1mだったと推定しました。

The results showed the Cretan specimen was most similar to the species M. meridionalis that lived in Europe 2.5 million to 800,000 years ago.
研究の結果、クレタ島の標本は、ヨーロッパに250万年前から80万年前に生息していた、マンムスス・メリディオナリスに最も似ていました。

'But we couldn't rule out another species M. rumanus,' explains Herridge. 'M. rumanus is the earliest species of mammoth found in Europe (as long ago as 3.5 million years).
「しかし、マンムスス・ルマヌスとの類似も否定できません。」と、ヘリッジ博士は言います。「それは、350万年前まで遡る、ヨーロッパ最古のマンモスです。」

This means the ancestor of M. creticus could have reached Crete as long ago as 3.5 million years.'
つまり、マンムスス・クレティクスの祖先がクレタ島に来た時期が、350万年前にまで遡れる可能性があるのです。

Dwarfism on islands 島での矮小化

Dwarfism is a well-known evolutionary response of large mammals living on islands,
矮小化は、島に生息する大型哺乳類に見られる、進化的反応です。

known as the Island Rule (which conversely includes small mammals becoming larger).
「島嶼化」と言い、小さな哺乳類は、反対に、大型化する場合があります。

However, the Cretan animal was not only a dwarf, it was an extreme dwarf.
しかし、クレタ島のゾウは、矮小化と言っても、とても小さくなっていました。

Herridge adds, 'This is the first time that extreme island dwarfism has been shown to have occurred in mammoths'.
マンモスの矮小化の極端な例だと、ヘリッジ博士は、言います。

The new research shows that such extreme island dwarfism has evolved in 2 lineages of European elephant independently (the other being the straight-tusked elephants).
新しい研究は、ヨーロッパのゾウの島での極端な矮小化は、二系統が、別個に発生しました。(もう一系統は、直牙のナウマンゾウ類)

Dr Herridge with the dwarf mammoth tooth and a normal sized mammoth tooth.
ヘリッジ博士が、矮小マンモスの歯と普通の大きさのマンモスの歯を呈示

Lister explains, 'By showing that the Cretan dwarf was descended from mammoths,
リスター博士の説明です。クレタ島の矮小ゾウが、マンモスだと言う事は

we illustrate an example of parallel evolution – two quite distinct lineages of elephant dwarfed in similar fashion on different islands.
平行進化の一例です。全く別系統のゾウが、いろんな島で、似た矮小化を遂げたのです。

'This also emphasises that there is something about island habitats that causes elephants in general (as well as other kinds of large mammal) to dwarf.'
島の生息地の要因が、別系統のゾウを矮小化させた事が、分かります。他の大型哺乳類も同じ事が言えます。

Not a woolly mammoth ケナガマンモスではない

The woolly mammoth Mammuthus primigenius is by far the best-known species of mammoth, but it was not the only one.
ケナガマンモス(マンモスス・プリミジェニウス)は、一番有名なマンモスですが、他にもいろんな種類がいました。

Lister explains, 'There was a series of mammoth species that preceded the woolly mammoth, and it was from one of these – indeed one of the earliest – that we believe M. creticus to be descended.'
リスター博士の説明。ケナガマンモスよりも古い時代に多くの種類がいました。クレタ島のマンモスは、古い時代のマンモスから進化しました。

'We do not have soft-tissue evidence for these earlier species, but it is likely they did not have such a woolly coat or such a high head dome as the woolly mammoth.'
古い時代のマンモスの生体組織は、得られませんが、長い毛も、頭の大きな瘤も無かったと考えられます。

Still mysteries about its age 住んでいた時代は不明

There is still much debate about how old the Cretan fossil material is, so the next step is to try and find out how long ago the mini mammoth was living on Crete.
クレタ島の化石標本が、どれぐらい古いかは、まだ分かりません。クレタ島のミニマンモスが、いつの時代から生息していたかが、今後の課題です。

Herridge and other colleagues have already begun this work.
ヘリッジ博士らは、このテーマに取り組んでいます。

Although they didn’t test for dates in this research, their results suggest M. creticus may have been there longer than previously thought.
今回の研究は、時代測定はしていませんが、クレタ島のマンモスは、思ったよりも長期間生息していたようです。

Herridge explains, 'I hadn't previously considered M. rumanus as a plausible ancestor because it was so old, geologically speaking, and so the evidence here has reminded me it doesn't do well to make assumptions in science!
ヘリッジ博士の説明。マンムスス・ルマヌスが、クレタ島のマンモスの先祖かどうかは、考えていませんでした。地質学的に言って、あまりに古い時代の事なので、科学的に類推するための証拠が乏しいのです。

'In fact, this has now got us wondering about how long ago M. creticus arrived on Crete. Perhaps it got there much earlier than people generally think.'
マンムスス・クレティクスは、いつクレタ島に来たのでしょうか。きっと、思ったよりも昔の事なのでしょう。




posted by ウクライナ人妻の夫 at 07:36| Comment(0) | 古生物 | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

始新世の巨鳥ディアトリマは草食

23 November 2012 Last updated at 03:20
2012年11月23日3時20分

Giant Eocene bird was 'gentle herbivore', study finds
始新世の巨鳥は、おとなしい草食だった
(始新世 = 5,600万年前 ~ 3,390万年前)

By Michelle Warwicker BBC Nature  
ミシェル・ウォーウィッカー BBC ネイチャー (英語ニュース)

d1.png

The giant flightless Diatryma: unequipped to be a carnivore?
この飛べない巨鳥ディアトリマは、肉食動物の特徴がない?


Footprints believed to have been made by the giant bird Diatryma indicate that it was a "gentle herbivore" and not a fierce carnivore, scientists say.
巨鳥ディアトリマの物と考えられる足跡は、「恐ろしい肉食」ではなく、「おとなしい草食」の特徴を備えています。

A team of researchers from Washington, US, examined tracks uncovered in a landslide in 2009.
アメリカ合衆国ワシントン州の研究チームが、2009年の地すべりで、地表に現れた足跡を調べました。

Previous investigations have suggested the giant bird was a carnivorous predator or scavenger.
これまでは、この巨鳥は、肉食のハンター、または、腐肉食と、考えられていました。

But the absence of raptor-like claws in the footprints supports the theory that Diatryma was not a meat-eater.
しかし、ディアトリマの足跡には、猛禽の爪がないので、肉食ではなかったのでしょう。

Measuring 7ft (2.13m) tall and with a huge head and beak, the giant flightless bird Diatryma
背の高さ7フィート(2.13m)で、巨大な頭と嘴を持つ、飛べない巨鳥ディアトリマを、

(believed by some experts to belong to the genus Gastornis)
(ガストルニス属に分類されます)

is commonly portrayed as a fierce predator in both scientific works and popular media.
今までは、科学者もメディアも、獰猛な捕食者として、描写していました。

The animal is frequently thought as "the bird that replaced dinosaurs as the top predator",
恐竜に代わって、最強の捕食者の地位を占めた動物と、考えられていました。

said geologist and team member George Mustoe, from Western Washington University in Bellingham, US.
アメリカ合衆国ベリンガムのウエスタンワシントン大学の地質学チームに所属するジョージ・ムストー氏は、言います。

"Let's be honest: scary, fierce meat-eaters attract a lot more attention than gentle herbivores."
正直言って、獰猛な肉食鳥の方が、大人しい草食鳥よりも、話題性があります。

The study, published in the journal Paleontology,
この研究は、「古生物学」誌で、発表されました。

analysed a set of footprints made 55.8 to 48.6 million years ago in the Lower Eocene.
5580万年前から4860万年前の始新世前期の、足跡の化石を分析しました。

Preserved in sandstone, the prints formed part of the Chuckanut Formation in northwest Washington, US.
アメリカ合衆国ワシントン州の北西部、チャッカナット地層の砂岩に付いた足跡です。

The team concluded that the multiple, well-preserved tracks were most likely to have been made by Diatryma.
複数の足跡は、良好な保存状態で、研究チームは、ディアトリマの足跡と考えます。

That would make them the only known footprints left behind by this giant bird,
ディアトリマの足跡は、初めて発見された事になります。

and they provide new evidence about what it ate.
食性に関する新しい証拠が、得られました。

d2.png

Scientists hid the footprints from fossil hunters until they could be flown to safety
化石収集家に盗掘されない様に、科学者は、足跡の化石を、隠していました。


"[The tracks] clearly show that the animals did not have long talons, but rather short toenails,"
足跡を残した動物は、長い鉤爪ではなく、短い足の爪を持っていました。

said David Tucker, from Western Washington University, who also worked on the study.
研究に参加しているウエスタンワシントン大学の、デーヴィッド・タッカー氏は言います。

"This argues against an animal that catches prey and uses claws to hold it down.
獲物を捕えて、爪で押さえつける訳です。

Carnivorous birds all have sharp, long talons."
猛禽なら、必ず、長い鋭い爪を持っています。

Early palaeontologists studying Diatryma fossils concluded that the giant bird was a predator because of its size, huge head and large beak.
ディアトリマの化石を研究した初期の古生物学者らは、体の大きさ、大きな頭と嘴から、捕食性の巨鳥だったと考えました。

The first Diatryma skeleton found in the US was preserved alongside bones of tiny horses and other small mammals.
アメリカ合衆国で最初に発見されたディアトリマの骨格の近くに、小型の馬やその他の小哺乳類の骨もありました。

Some scientists posited that these must have been the bird's prey, explained Mr Mustoe.
科学者らが、これらの動物を、その鳥の獲物だったと考えたと、マストーさんは言います。

However, Diatryma also had relatively short legs,
しかし、ディアトリマの足は、比較的短かく

leading others to suggest it could not have run fast enough to capture prey, and was therefore a herbivore.
獲物を捕えられる程、速くは走れないから、草食性だったろうと、考える人もいました。

Further analysis has shown that the bird did not have a hook on the end of its beak –
さらに、この鳥の嘴の先は鉤になっていませんでした。

a feature found in all raptors which helps them to hold prey and tear into carcasses.
獲物をついばんで引き裂くために、全ての猛禽類は、そうなっています。

d3.png

Diatryma (or Gastornis) is commonly portrayed as a top predator that devoured small mammals
ディアトリマ(ガストルニス)は、小さな哺乳類を食べる捕食者として、描かれます。


The research team's conclusion that the animal did not have talons "[adds] ammunition to the herbivory diet hypothesis", Mr Tucker told BBC Nature.
調査チームが、この鳥に鉤爪がなかったと結論した事は、草食性だったと言う説を、支持します。タッカー氏が、BBCネイチャーに語りました。

"A more likely scenario [than being a carnivore] would be a gentle Diatryma that used its beak to harvest foliage, fruits, and seeds from the subtropical forests that it inhabited," Mr Mustoe added.
おとなしい性格のディアトリマが、亜熱帯の森に住み、植物の葉、果物、種子を嘴でついばんでいたと考える方が妥当だと、マストー氏は、付け加えました。

The team believe that the similarities of Diatryma to those of the carnivorous South American Phorusracids or "terror birds" led early palaeontologists to assume that the two were ecologically similar.
ディアトリマが、南アメリカの肉食鳥フォルスラシズ「恐鳥」に似ているから、初期の古生物学者は、生態も似ていたと考えたのです。

According to the study: "The common belief that Diatryma... was likewise a carnivore is more a result of guilt by association than actual anatomical evidence".
研究の結果、ディアトリマが捕食性の鳥だったと言う説は、解剖学的証拠に基づいてはいませんでした。

http://www.bbc.co.uk/nature/20413665

posted by ウクライナ人妻の夫 at 15:16| Comment(0) | 古生物 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。