2014年11月26日

アルタイの王女の病気 (英語)

シベリアタイムズの英語ニュース。
http://siberiantimes.com/science/casestudy/features/iconic-2500-year-old-siberian-princess-died-from-breast-cancer-reveals-unique-mri-scan/

uk map2.png

Iconic 2,500 year old Siberian princess 'died from breast cancer', reveals MRI scan
MRIで、2500年前のシベリアの王女の死因が乳がんと分かりました。

By Anna Liesowska 14 October 2014
アンナ・リエソウスカ 2014年10月14日 (和訳:ウクライナ人妻の夫)

Preserved by ice, the 25 year old ancient woman covered in tattoos used cannabis to cope with her ravaging illness.
氷が、刺青をした古代の25歳の女性を保存しました。彼女は悪化する病気を克服するために大麻を服用しました。

uk1.png

'Princess Ukok' mummy in Anokhin museum, Gorno-Altaisk.
「ウコクの王女」ゴルノ・アルタイスクのアノーヒン博物館

Picture: Alexander Tyryshkin
写真:アレキサンダー・ティリシュキン
(Александр Тырышкин)

Studies of the mummified Ukok 'princess' - named after the permafrost plateau in the Altai Mountains where her remains were found –
発見場所である、アルタイ山脈の万年雪で覆われた高原の名前が付けられた「ウコクの王女」のミイラ研究は

have already brought extraordinary advances in our understanding of the rich and ingenious Pazyryk culture.
豊かで独創的なパジリク文化の理解に、大きく貢献しました。

The tattoos on her skin are works of great skill and artistry,
彼女の肌の刺青は、高い技術と芸術性を物語っています。

while her fashion and beauty secrets - from items found in her burial chamber which even included a 'cosmetics bag'
それから、ファッションと美しさの秘密、石室からは、化粧品のバックも出土しました

allow her impressive looks to be recreated more than two millennia after her death.
それを元に、死後二千年以上たって、彼女の印象的な姿を復元しました。

Now Siberian scientists have discerned more about the likely circumstances of her demise,
シベリアの学者たちは、彼女の死の状況について、もっと知る事ができました。

but also of her life, use of cannabis, and why she was regarded as a woman of singular importance to her mountain people.
さらに、生前の彼女の大麻の常用、なぜ、山岳に住む同部族の人々から、重要視されたのか

Her use of drugs to cope with the symptoms of her illnesses evidently gave her 'an altered state of mind',
病気の症状を軽減するために服用した麻薬で、精神状態が変わり

leading her kinsmen to the belief that she could communicate with the spirits, the experts believe.
同部族の仲間から、彼女が、霊との会話が出来るのだと思われたのでしょう。

The MRI, conducted in Novosibirsk by eminent academics Andrey Letyagin and Andrey Savelov,
ノボシビルスクで、著名な学者のアンドレイ・レチャギン氏とアンドレイ・サヴェロフ氏が、MRI画像診断を行いました。

showed that the 'princess' suffered from osteomyelitis, an infection of the bone or bone marrow, from childhood or adolescence.
「王女」は、子供時代か十代の頃から、骨や骨髄の感染症である、骨髄炎を患っていました。

Close to the end of her life, she was afflicted, too, by injuries consistent with a fall from a horse:
亡くなる直前に、落馬して負傷しました。

but the experts also discovered something far more significant.
しかし、専門家は、もっと重要な発見をしました。

uk2.png

MRI scanning of 'Princess Ukok' mummy (left).
ウコクの王女をMRIにかけます(左)

General views (right).
撮影画像(右)

Pictures: 'Science First Hand', Andrey Letyagin
写真:「科学速報」 アンドレイ・レチャギン
Наука из первых рук

When she was a little over 20 years old, she became ill with another serious disease - breast cancer.
彼女は、20歳過ぎに、別の重病に罹りました。乳がんです。

It painfully destroyed her over perhaps five years,
おそらく、5年間以上、彼女を蝕んで行ったのでしょう。

said a summary of the medical findings in 'Science First Hand' journal by archeologist Professor Natalia Polosmak,
考古学者のナタリア・ポロスマク教授が、「科学速報」誌に、記載しました。

who first found these remarkable human remains in 1993.
ポロスマク教授が、1993年のミイラの発見者です。

During the imaging of mammary glands, we paid attention to their asymmetric structure and the varying asymmetry of the MR signal, stated Dr Letyagin in his analysis.
乳腺の撮影中に、非対称構造と、様々な非対称のMR信号に、注目しました。レチャーギン博士の分析です。

We are dealing with a primary tumour in the right breast and right axial lymph nodes with metastases.
右乳房の原発性腫瘍と右腋窩リンパ節への転移を、見つけました。

The three first thoracic vertebrae showed a statistically significant decrease in MR signal and distortion of the contours,
胸椎の上の三つが、MRシグナルが弱く、輪郭が歪んでいます。

which may indicate the metastatic cancer process.
ガンの転移の可能性があります。

He concluded: I am quite sure of the diagnosis - she had cancer.
結論として、彼女は、ガンに罹っていました。

She was extremely emaciated.
非常に衰弱していました。

Given her rather high rank in society and
彼女が、社会的地位が高かった事と、

the information scientists obtained studying mummies of elite Pazyryks,
私たち研究者が、高貴なパジリク人のミイラから、データを取得できる事

I do not have any other explanation of her state.
彼女について、それ以上の事は、説明できません。

Only cancer could have such an impact.
このような病変は、ガンによる物です。

uk3.png

Dr Andrey Letyagin; scans show right breast tumor and metastatic lymph nodes in the right axilla
アンドレイ・レチャギン博士;画像が示すのは、右胸の腫瘍と右腋窩(えきか:わきの下)のリンパ腺への転移

and metastases in the spine, surrounded by edematous paravertebral fiber (bottom).
脊柱への転移、傍脊椎の浮腫性繊維(下)

Pictures: The Siberian Times, Andrey Letyagin
写真:シベリア・タイムズ、アンドレイ・レチャギン

Was it the direct cause of the death?
病気が、直接の死因でしょうか。

Hard to say.
そうとは、言い切れません。

We see the traces of traumas she got not so long before her death,
彼女は、死の少し前に、負傷していました。

serious traumas - dislocations of joints, fractures of the skull.
大怪我です。関節が外れ、頭蓋骨が骨折しています。

These injuries look like she got them falling from a height.
これらの怪我は、高い場所から落ちたみたいです。

But he stressed: Only cancer could have such an impact.
彼は強調します。病変は、ガンによる物だと。

It is clearly seen in the tumour in her right breast,
右胸の腫瘍は、はっきりと見えます。

visible is the metastatic lesion of the lymph node and spine...
転移によるリンパ腺と脊椎の病変も、見て取れます。

She had cancer and it was killing her.
彼女は、ガンで、死にそうになっていました。

While breast cancer has been known to mankind since the times of the Ancient Egyptians,
人類は、乳がんの事を、古代エジプトで、既に知っていました。

a thousand years before it was recorded by Hippocrates, father of modern medicine,
現代医学の父、ヒポクラテスの著述の千年前です。

this is a unique case of the detection of the disease using latest technology in a woman mummified by ice.
氷付けになってミイラ化した女性の乳がんが、最新技術を使って、発見された珍しいケースです。

Dr Letyagin is from the Institute of Physiology and Fundamental Medicine,
レチャギン博士は、基礎生理学研究所の所属で

and Dr Savelov, an associate in the laboratory of magnetic resonance tomography at the International Tomography Centre,
サヴェロフ博士は、国際断層写真センターのMRI画像診断研究室に所属しています。

both of the Siberian Branch of the Russian Academy of Medical Science, both in Novosibirsk.
両博士は、ロシア科学アカデミーの医学部門、シベリア支部で、ノボシビルスクにあります。

From their work and other data, for example the last food found in the stomachs of horses buried alongside the ancient woman,
他の調査結果について言えば、例えば、古代の女性と一緒に埋葬された馬の胃から、馬が最後に食べた物が、見つかっています。

Dr Polosmak has formulated an intriguing account of her final months hundreds of years before the birth of Christ.
キリスト誕生の数百年前、彼女の亡くなる前の最後の数ヶ月について、興味深い推測がなされました。

uk4.png

'Princess Ukok' mummy in Anokhin museum, Gorno-Altaisk and,
「ウコクの王女」ゴルノ・アルタイスクのアノーヒン博物館

below scans of the dislocated right hip,
下は、右股関節脱臼

with bright red color marking edematous tissue in right inguinal area.
赤くマーキングしたのは、右鼠径部の浮腫

Pictures: Alexander Tyryshkin, Dr Andrey Letyagin
写真:アレクサンダー・ティリシュキン、アンドレイ・レチャギン博士

When she arrived in winter camp on Ukok in October, she had the fourth stage of breast cancer,' she wrote.
10月に、冬のキャンプ地に到着した時、乳がんの第四期(訳注:末期)でした。

'She had severe pain and the strongest intoxication, which caused the loss of physical strength.
激痛と酷い中毒症状で、体力が消耗していました。

'In such a condition, she could fall from her horse and suffer serious injuries.
その状態で、落馬して重傷を負った可能性があります。

She obviously fell on her right side, hit the right temple, right shoulder and right hip.
明らかに、右半身から落ちて、右側頭部と右肩と右骨盤を打ちました。

Her right hand was not hurt, because it was pressed to the body,
右手は、負傷しませんでした。体に密着していたので。

probably by this time the hand was already inactive.
この時、右手はもう機能しなくなっていたのでしょう。

Though she was alive after her fall, because edemas are seen, which developed due to injuries.
でも、彼女は落下の後、生きていました。怪我による浮腫が見られるからです。

'Anthropologists believe that only her migration to the winter camp could make this seriously sick and feeble woman mount a horse.
人類学者は、考えます。冬のキャンプ地への移動のために、重病で衰弱した女性が、馬に乗る必要があったのだろうと。

More interesting is that her kinsmen did not leave her to die, nor kill her, but took her to the winter camp.'
さらに興味深い事に、身内の人々は、彼女を置き去りにしたり、殺したりせずに、冬のキャンプ地に連れて行ったのです。

In other words, this confirmed her importance,
言葉を変えれば、この事は、彼女の重要性を示しています。

yet though she is often called a 'princess', the truth maybe she was - in fact - a female shaman.
彼女を「王女」と、呼んでいますが、実際には、多分、女性のシャーマン(巫女)だったでしょう。

'It looks like that after arriving to the Ukok Plataue she never left her bed,' she said.
ウコク高原に到着してから、彼女は、寝たきりだったようです。

'The pathologist believes that her body was stored before the funerals for not more than six months, more likely it was two-to-three months.
病理学者によれば、埋葬前に、彼女の遺体は、六ヶ月未満、多分、二ヶ月か三ヶ月保存されたようです。

'She was buried in the middle of June –
彼女は、六月半ばに、埋葬されました。

according to the last food that was found in the stomachs of horses buried alongside her.
彼女と一緒に埋葬された馬の胃の中から見つかった食物から判断できます。

The scientists think that she died in January or even March,
学者は、彼女の死は、一月から三月と考えます。

so she was alive after her fell for about three to five months, and all this time she lay in bed.'
落馬の後、三ヶ月から五ヶ月は、生きていた事になります。

uk5.png

Scheme of the burial and reconstructions of Pazyryk woman's and man's costumes.
埋葬の模式図とパジリク人の女性と男性の衣装

All items were found inside 'Princess' Ukok burial.
ウコクの王女の墓の副葬品から復元

Reconstruction by D. Pozdnyakov, Institute of Archeology and Ethnography, Siberian Branch of Russian Academy of Science.
復元は、D. ポズニャコフ、民俗学考古学研究所、ロシア科学アカデミー、シベリア支部

A sculptor's impression of how Princess Ukok looked 2,500 years ago (bottom)
彫刻家の作品、2500年前のウコクの女王の容姿(下)

Dr Polosmak says we should pay 'special attention' to 'the fact that likely she used some analgesics, with all the ensuing consequences.
ポロスマク博士は、彼女が鎮痛剤の一種を使用した可能性を指摘します。

'In ancient cultures, from which there is a written testimony, such analgesics were used
古代文化で、記述が残っている鎮痛剤は、以下の通りです。

wine, hashish, opium, henbane, an extract of mandrake, aconite and Indian hemp.
ワイン、ハシシュ(麻)、アヘン(ケシの実)、ヒヨス(ナス科植物)、マンドレイク抽出物(ナス科植物)、トリカブト、インド大麻。

The Pazyryks knew hemp and its features.'
パジリク人は、大麻と、その特徴を知っていました。

It is known that in her burial chamber was a container of cannabis.
彼女の石室には、大麻の容器がありました。

'Probably for this sick woman, sniffing cannabis was a forced necessity,' said the scientist.
この病気の女性は、大麻を吸引する必要性があったのでしょう。

'And she was often in altered state of mind.
しばしば、精神状態が変化したはずです。

We can suggest that through her could speak the ancestral spirits and gods.
彼女は、祖先の霊や神々と会話できたと思われます。

Her ecstatic visions in all likelihood allowed her to be considered as some chosen being, necessary and crucial for the benefit of society.
高揚状態で見る幻覚が、彼女を、社会の利益にとって必要不可欠な人物と思わせたのでしょう。

She can be seen as the darling of spirits and cherished until her last breath.'
彼女は、死ぬまで、精霊の申し子として、大切にされたのでしょう。

Evidently, shamans could often assume their powers after a significant illness:
シャーマンは、大病の後に、能力を開花させる事がありました。

a woman might be physically weakened but able to develop her powers of concentration and meditation.
体力は弱っても、集中力と瞑想の力は、強まったのでしょう。

This would explain the care her people took to care for her and not leave her to die, or hasten death.
仲間が、彼女を大事にして、殺さなかった理由は、そこにありそうです。

It also helps to understand the way her burial was conducted in a style similar - but different - to royalty.
彼女の埋葬様式は、王族とは異なりますが、それに準ずる形なのも、説明できます。

uk6.png

Princess Ukok as the ice melted, with marked tattoos on her fingers;
ウコクの王女、氷が解けて、指の刺青が見えます。

picture and drawing of tattoos on her shoulder.
彼女の肩の刺青。

Pictures: Institute of Archeology and Ethnography, Siberian Branch of Russian Academy of Science
写真:民族考古学研究所、ロシア科学アカデミー、シベリア支部

She was buried not in a line of family tombs but in a separate lonely mound, located in a visible open place.
彼女は、家族墓の列ではなく、開けた見通しの良い場所に、一つだけある塚に埋葬されました。

This may show that the Ukok woman did not belonged to an exact kin or family,
この事から、彼女は、王家の血筋ではなく

but was related to all Pazyryks, who lived on this lofty outpost, some 2,500 metres above sea level.
海抜2500メートルの高台に住んでいた一般のパジリク人だった可能性を示します。

This is an indication of her celibacy and special status.
彼女の独身と特別な地位を表しています。

Besides, three horses were buried with her.
ところで、三頭の馬が、一緒に埋葬されました。

In a common burial, one would be sufficient.
普通の埋葬なら、一頭で十分です。

Dr Polosmak has described how the jewellery in her grave was wooden, and covered with gold, so not of the highest quality of the period.
ポロスマク博士は、彼女の墓で見つかった装飾品は、木に金箔を貼った物で、その時代の最高の品ではないと言います。

Yet there was a strange and unique mirror of Chinese origin in a wooden frame.
しかし、木の枠にはめ込まれた、奇妙で独創的な中国製の鏡が、ありました。

There were also coriander seeds, previously found only in so-called 'royal mounds'.
コリアンダーの種子(訳注:香辛料)もありました。それまでは、王族の墓でしか、見つかっていませんでした。

Her mummification was carried out with enormous care in a comparable manner to royals.
彼女のミイラ化処理は、王族と同じぐらい、丁寧に行われました。

Significantly, in the Altai Mountains, her supernatural powers are seen as continuing to this day.
アルタイの山中では、今でも、彼女の超自然的な力が継続していると信じられています。

Elders here voted in August to reinter the mummy of the ice maiden 'to stop her anger which causes floods and earthquakes'.
古老たちは、八月に、氷の王女のミイラを、もう一度元に戻すべきと主張しました。彼女の怒りで、洪水や地震が起きると言うのです。

Known to locals as Oochy-Bala, the claim that her presence in the burial chamber was 'to bar the entrance to the kingdom of the dead'.
地元の人は、オチ・バラと呼びます。彼女が古墳の中にいることで、黄泉の世界への入り口が閉じられるのです。

By removing this mummy, the elders contend that 'the entrance remains open'.
ミイラを持ち去ると、入り口が開けっ放しになります。

They are demanding that she is removed from a specially-built museum in the city of Gorno-Altaisk, capital of the Altai Republic,
住民らは、アルタイ共和国の首都、ゴルノ・アルタイスクに特別に建設された博物館から、彼女のミイラを運び出し

and instead reburied high on the Ukok plateau.
もう一度、ウコク高原に埋葬しろと、要求します。

'Today, we honour the sacred beliefs of our ancestors like three millennia ago,' said one elder.
古老は言います。今でも、私たちは、三千年前の先祖の神聖な信仰を尊重しています。

'We have been burying people according to Scythian traditions.
私たちは、昔から、スキタイの伝統に従って、死者を埋葬してきました。

We want respect for our traditions'.
私たちの伝統を、守りたいです。




posted by ウクライナ人妻の夫 at 19:32| Comment(0) | アルタイの王女 | 更新情報をチェックする

2500年前のアルタイの王女の病気 ロシアTV

2500年前のアルタイの王女は乳がん 
2,500 year old Altai princess died from breast cancer

1993年に氷漬けで発見されたミイラをMRI画像診断して病名が判明。



uk5.png

uk map2.png

ニュースの音声部分のロシア語と全訳(字幕作成・翻訳:私)

Учёным Алтайского края удалось раскрыть некоторые тайны загадочной мумии
アルタイ地方の学者が、謎のミイラの秘密を解明

2014年11月12日 ロシア第五放送 

Учёным Алтайского края удалось раскрыть некоторые тайны загадочной мумии.
アルタイ地方の研究者が、謎のミイラの秘密を解明しました。

Знаменитая Алтайская принцесса, её ещё называют прародительницей алтайского народа, как выяснилось, серьёзно болела.
有名なアルタイの王女は、アルタイ人の祖先とも呼ばれますが、重病だった事が分かりました。

Сотрудники Института физиологии даже смогли поставить точный диагноз.
医科大学の医師が、病名まで、明らかにしました。

Алексей Гамзов об открытии.
アレクセイ・ガムゾフが、新発見について。

Точный диагноз спустя тысячи лет.
数千年後に、正確な診断がなされました。

Теперь понятно, чем болела знаменитая «алтайская принцесса»,
有名な「アルタイの王女」が、何の病気だったかが、分かりました。

чью прекрасно сохранившуюся мумию нашли в девяностые годы на плато Укок.
1990年代に、ウコク高原で、良好な保存状態で見つかったミイラです。

Андрей Летягин, заведующий лабораторией научно-клинической МРТ института физиологии СО РАМН:
アンドレイ・レチャギン ロシア医学アカデミー生理学研究所、臨床MRI研究室長

Здесь видны два очень четких плотных образования,
この二ヶ所に、はっきりと、腫瘍が写っています。

то есть это симптомокомплекс очень патогномоничный для раковой опухоли молочной железы с метастазами в подмышечную ямку.
これは、ガン特有の症状です。乳がんが、わきの下にも転移しています。

Историков, а потом и врачей насторожила неестественная худоба «пациентки»:
考古学者も、医師も、「患者」の不自然な痩せ方が、気になっていました。

все обнаруженные современники алтайской принцессы, в том числе, скифские женщины, были более упитанными.
アルタイの王女と同時代のスキタイ人女性のミイラは、みんな栄養状態が良いからです。

Найти ответ помогла комплексная томография.
MRI画像診断が、答えを出しました。

Ее удалось провести, не тревожа объект, прямо в саркофаге.
ミイラを傷めることなく、そのまま、MRIにかけました。

Андрей Савелов, старший научный сотрудник Международного томографического центра СО РАН:
アンドレイ・サヴェロフ  ロシア科学アカデミー、シベリア支部、国際断層画像センター 先任研究員

Та часть саркофага, в котором она находилась обычно в музее у нас, она оказалась без металлических частей.
博物館で、ミイラを保存している覆いは、金属を使っていません。

Вполне возможно, что так и было задумано сразу, но не для томографии, а для правильного хранения.
MRIのためではなく、保存のために作った覆いですが。

Вот и, собственно, на этом помосте она у нас легла на стол для пациентов, в специальном коконе таком.
覆いのまま、MRIにかけることが出来ました。

Также оказалось, что причиной смерти принцессы стало не онкологической заболевание, а многочисленные травмы.
それで分かった事は、王女の死因は、ガンではなく、全身損傷でした。

Некоторые кости сломаны, суставы повреждены.
数ヶ所を骨折していて、関節も、損傷しています。

Исследователи предполагают, что женщина заболела раком, ослабела, и, скорее всего, упала с лошади.
研究者は、ガンを患って体が弱り、落馬したのではないかと推測します。

Видите, три позвонка, они очень тёмные, они поражены.
見て下さい、脊椎が三個黒いでしょう。損傷しています。

Вячеслав Молодин руководил раскопками кургана, в котором нашли мумию, двадцать лет ее изучал.
古墳の発掘を指揮し、ミイラを発見したビャチェスラフ・モロジン氏は、それから20年間、研究しています。

Академик рассказывает: теперь, после томографии, легенда о том,
彼は、伝説について、MRI画像診断の結果から、こう言います。

что «Пазырыкская принцесса» была прародительницей современных алтайцев – окончательно опровергнута.
「パジリクの王女」が、現在のアルタイ人の祖先だと言う説は、間違っています。(訳注:パジリクの王女 = アルタイの王女 = ウコクの王女;アルタイ地方、ウコク高原、パジリク古墳群)

Доказано: женщина не имела детей.
その女性には、子供がいませんでした。

Вячеслав Молодин, заместитель директора института археологии и этнографии СО РАН:
ヴャチェスラフ・モロジン ロシア科学アカデミー、シベリア支部、歴史民俗学研究所 副所長

Получены совершенно уникальные данные.
興味深いデータが、得られました。

Чем болела эта женщина. От чего она умерла.
この女性が、何の病気で、死因が何だったか。

Даже такой факт, что эта женщина не рожала, он чрезвычайно важен.
彼女が、子供を産まなかった事実は、とても重要です。

Потому что она не могла быть никакой прародительницей.
なぜなら、彼女は、先祖ではないからです。

В принципе. Никого.
実際に、誰の先祖でもない。

Скорее всего эта пожилая по тогдашним меркам дама «за тридцать»
結局、当時の基準では年増の、30歳に近い彼女は

была вовсе не принцессой, а лекарем или шаманкой.
王女ではなく、治療師か巫女だったのでしょう。

Ученые считают, хоронить эту «служительницу культа»,
学者らは、この「祈祷師」を、埋葬し直すべきでないと考えます。

как требуют многие жители Республики Алтай, нельзя.
多くのアルタイ住民の要求を、聞いてはなりません。

Место экспоната в музее, где его можно изучать.
研究のために、博物館で、保存すべきです。

Так поступают во всем мире с мумиями фараонов и другими останками.
世界中の、ファラオのミイラや、その他の遺物も、同じ事が言えます。

За последнее время в изучении биологических объектов произошла настоящая революция.
近年、生物体の研究に、大革命が起きました。

Еще несколько лет назад данные, которые сейчас получены, казались фантастикой.
今回、得たデータは、数年前は、夢物語でした。

Именно поэтому ученые выступают за сохранение скелетов и мумий доисторических животных и людей:
だから、学者は、古代の動物や人間の骨やミイラを保存しようとするのです。

открытия ждут каждый раз, когда будут внедряться новые методы исследований.
新しい研究方法が開発されれば、常に、新発見があるのです。

История с мумией яркий тому пример.
ミイラの研究は、その顕著な例です。

Основные данные были сняты 4 года назад, потом был долгий период обработки и классификации.
4年前に、基礎データを得て、その後ずっと、それを研究し、考察してきました。

За это время появилось следующее поколение томографов, гораздо мощнее.
その後、ずっと強力な次世代のMRI装置が導入されました。
(MRI = magnetic resonance imaging、核磁気共鳴画像法)

Ученые говорят: на новом оборудовании исследование можно спокойно начинать сначала.
新しい装置を使えば、研究は、最初からやり直しだと、研究者は言います。

Ведь теперь «увидеть» можно куда больше.
今では、どこでも好きな場所が、見えるからです。


posted by ウクライナ人妻の夫 at 19:05| Comment(0) | アルタイの王女 | 更新情報をチェックする

2500年前のアルタイの王女が故郷に ロシアTV

2500年前の氷漬けのミイラが、ロシア連邦アルタイ共和国で、1993年に見つかりました。肌の刺青も保存されていました。モンゴル、中国、カザフスタンとの国境の山中です。このパジリク古墳群は、月氏=サカ族=スキタイの一派と考えられます。仏教を作ったお釈迦様のシャカ族も同系統。(サカ族=シャカ族)日本語文法がアルタイ語系である事を考えれば、日本の古墳時代も同じ文化?スキタイ人発祥の地はウクライナです。 2012年9月20日 ロシア第五放送 (字幕作成:私)



uk5.png

uk map2.png

posted by ウクライナ人妻の夫 at 02:20| Comment(0) | アルタイの王女 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。