2016年02月28日

タリム盆地の古代都市国家群 その3

Ancient city states of the tarim basin

5.軍事関係 Military Matters

Western_Regions_in_The_1st_century_BC_3.gif

ニコラ・ジ・コスモ
Nicola Di Cosmo

軍事2gif.gif

5.軍事関係   p400 - p401

張騫は、軍事に関する情報を主に収集したので、彼の残した記録に軍事情報が多く記されているのは当然です。二種類の情報が記されています。その二つとは、軍事的資源と軍事行動です。軍事的資源からは、各国の相対的な強さが分かります。軍事行動の記録からは、国々がなぜ軍事力を使うことになったかの理由が分かります。
  すでに紹介したように、漢書には、各国の軍事力が記されています。さらに、遊牧国家の方が、定住国家よりも重武装だった事が分かりました。これは、生活様式の違いの問題ではなく、遊牧民が馬を所有し、また、金属の入手ルートも持っていたからです。その事が、はっきりと記録に残っているのは、新彊:Xinjiang東端部から甘粛省:Gansuと青海省:Qinghaiに住んでいた遊牧民の羌族:Qiangです。彼らは鉄の鉱山を知っていて、鉄の武器を製造していました。弓、槍、ナイフ、剣、甲冑などです。武器を製造していた定住民もいました。たとえば、龜茲:Qiuziや楼蘭:Loulanです。
  すでに述べたように、定住国家の政府の官職名から、遊牧民と定住国との間の緊張関係が見て取れます。定住国は、砦で防戦しました。車師:Jushi(姑師:Gushi)の王についての記録に「北の石の砦にいる。まだ持ちこたえている。」とあります。これは、車師が、漢軍の攻撃を受けた時の記録です。定住国家のいくつかは、歩兵の他に騎兵も持っていました。 たとえば、拘彌:Jumi (扜彌:Yumi)には、騎兵隊長の官職名の「騎君」が見られます。逆に、遊牧民も砦を構えていました。なので、遊牧民と定住者の戦闘方法に大きな違いがあったとは思えません。ただ、遊牧民は、軍事的資源を所有していて、兵士と馬の数が多く、また、優れた武器を持っていました。
  なぜ遊牧民と農民が、敵対していたのでしょうか。遊牧民が、自分たちに欠けている産物を得るために、農業国家を襲ったのだろうと、一般に考えられています。遊牧民の需要についての文書記録ですが、いくつかの牧畜国家で、農作物の自給が不十分なために、食糧を他国に頼ったとあります。農業資源をめぐる競合が、国家間紛争の原因だった可能性が十分あります。しかし、文書記録には、遊牧民が農業国を襲った例はなく、むしろ、遊牧国家が農業国を征服して搾取した例があります。遊牧国家が非常に強力であれば、都市国家を属国にして産物を上納させる事ができました。このようにして、遊牧民は、領土外に展開する軍隊への安定した食料供給を得ていました。そのような強大な軍事力がない遊牧民は、農業国と物々交換をしました。
  強大な遊牧民が、オアシス諸国家を従属させていた例として、車師:Jushi(姑師:Gushi)地方を巡る匈奴:Xiongnuと漢:Hanの紛争があります。車師:Jushi(姑師:Gushi)地方は、その地を手に入れた者が、自分の軍隊への十分な食料補給が可能になる戦略的位置でした。この地を巡る紛争は、長い間続きました。漢も匈奴も、自国民をこの地に入植させて耕作をしました。入植者を守る大部隊(十分な兵力とは限りませんが)も一緒に駐留しました。遊牧民の土地に隣接する肥沃な車師:Jushi(姑師:Gushi)の土地は、遊牧民にとっては、穀物やその他の貢ぎ物が得られる絶好の場所だったのです。ほかの諸都市国家も、遊牧民に貢納しました。国家間に、このような軍事経済関係が出来上がったのです。遊牧民にとっても、勢力を広げるためには、軍事政治的に定住者の国を従属させる必要がありました。中国人が、この地に来て、匈奴の軍事政治的影響力を取り除くために最初に行ったのは、匈奴に従属している諸都市国家を解放するための戦争です。この地方の当時の紛争の多くは、超大国であった匈奴と中国による、農業資源を巡る戦いです。双方が、農業資源を、敵に渡さず自己の軍隊を養うために利用しようとしました。ハミ地区(訳注:Hami、哈密、新疆の東端)は、特に遊牧民の侵略にさらされる土地で、中国が植民地駐留軍を引き上げた時に、すぐに攻撃を受けました。遊牧民は、定住者を襲撃するだけではなく、定住国家に侵入して耕地を取り上げたようです。後漢(紀元23年~紀元220年)の衰退後、この地方では、大国が小国を征服するようになり、一つの都市国家よりも大きな規模の国々が生まれました。莎车 Suoju(ヤルカンドYarkand、莎車Shache)、 鄯善Shanshan(クロライナKroraina、楼蘭Loulan)、于闐 Yutian(ホータンKhotan)、車師Jushi(姑師:Gushi、トルファンTurfan)は、地方の雄として一時的に勢力を伸ばした国々です。しかし、後には、オアシス諸都市が再び独立して影響力を失いました。


posted by ウクライナ人妻の夫 at 21:52| Comment(0) | アーリア人の先祖 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。