2016年02月02日

新石器時代ウクライナに東ユーラシア系mtDNAハプログループC型

Mitochondrial haplogroup C in ancient mitochondrial DNA from Ukraine extends the presence of East Eurasian genetic lineages in Neolithic Central and Eastern Europe
東ユーラシア起源のmtDNAハプログループCが、新石器時代の中央・東ヨーロッパに見られますが、ウクライナでも発見

マリウポリ式.jpg

Alexey G Nikitin1, Jeremy R Newton2 and Inna D Potekhina3
アレクセイ G ニキチン、ジェレミー R ニュートン、インナ D ポテヒナ

Recent studies of ancient mitochondrial DNA (mtDNA) lineages have revealed the presence of East Eurasian mtDNA haplogroups in the Central European Neolithic.
最近の研究で、中央ヨーロッパの新石器時代の古代人のmtDNAの中に、東ユーラシア起源の遺伝系列がある事が分かっています。
Here we report the finding of East Eurasian lineages in ancient mtDNA from two Neolithic cemeteries of the North Pontic Region (NPR) in Ukraine.
私たちは、ウクライナの北ポントス地方(訳注:黒海沿岸)の二カ所の新石器時代の墓所の古代人から、東ユーラシア起源のmtDNAを見出しました。
In our study, comprehensive haplotyping information was obtained for 7 out of 18 specimens.
18体のサンプルの内、7体分のハプロタイプが解明できました。
Although the majority of identified mtDNA haplogroups belonged to the traditional West Eurasian lineages of H and U, three specimens were determined to belong to the lineages of mtDNA haplogroup C.
解明できたmtDNAの過半数は、西ユーラシアの系列であるHとUでしたが、3体のハプログループは、Cでした。
This find extends the presence of East Eurasian lineages in Neolithic Europe from the Carpathian Mountains to the northern shores of the Black Sea and provides the first genetic account of Neolithic mtDNA lineages from the NPR.
今回の発見で、新石器時代のヨーロッパの東ユーラシア起源の遺伝系列が、カルパチア山脈を越えた黒海北岸にも分布する事が分かりました。これは、北ポントス地方で最初のmtDNA系列の研究です。
Journal of Human Genetics advance online publication, 7 June 2012; doi:10.1038/jhg.2012.69
人類遺伝学誌 2012年6月7日

INTRODUCTION
序説

During the Neolithic, the North Pontic Region (NPR) was home to major prehistoric cultural conglomerates, among them—the DnieperDonets cultural complex (DD).
新石器時代には、北ポントス地域には、様々な先史時代文化がありました。その中にドニエプル・ドネツク文化があります。
The DD culture has been studied in approximately 200 sites in Ukraine and Byelorussia, including settlements and large collective cemeteries of the Mariupol-type (M-t).
ウクライナとベラルーシで、ドニエプル・ドネツク文化の集落跡やマリウポリ式大規模集団墓地などが、約200カ所の遺跡で研究されています。
The main feature of M-t cemeteries is inhumation burial in the supine position.
マリウポリ式墓地の主な特徴は、仰向けの土葬です。
This burial rite differs from most local Mesolithic burial traditions and is characteristic of the ‘Euro-Siberian’ zone of extended burials, which are found from Lake Baikal and the forest and forest-steppe zones of the East European Plain to the northern part of Central Europe and Scandinavia.
これは、同じ地域の多くの中石器時代埋葬様式とは異なり、バイカル湖から東ヨーロッパの森林ステップ平原、中央ヨーロッパの北部、スカンジナビアにかけての「ヨーロッパ・シベリア」地域に見られる遺体を真っ直ぐに横たえる埋葬様式です。
The distinct burial tradition of Neolithic populations of the NPR as well as their anthropological characteristics suggests an influx of external population sources.
北ポントス地方の新石器時代人の顕著な埋葬様式と人類学的特徴は、外部からの人口流入があった事を示唆します。
We set out to quantify the extent of gene flow into the NPR during the Neolithic.
私たちは、新石器時代の北ポントス地方への遺伝子流入を、量的に解析しました。
Recent advances in mitochondrial DNA (mtDNA) analysis have revealed global patterns of neutral marker variation that appear to correlate with the geographic origin of the source population.
最近のmtDNA分析の発達は、中性マーカー型の全世界分布パターンを明らかにし、そこから、特定の人々の地理的起源がたどれます。
To elucidate the maternal genetic lineages of the population that constructed the M-t cemeteries, we undertook a genetic analysis of ancient mtDNA extracted from specimens from two Neolithic NPR cemeteries (Figure 1).
マリウポリ式墓地を造った人々の母系遺伝子系列を知るために、新石器時代の北ポントスの二カ所の墓所から、古代のmtDNA試料を採取し、遺伝子分析を行いました。(図1)

MATERIALS AND METHODS
材料と方法

Origin of samples
試料の出所

Samples chosen for DNA analysis came from the anthropological collections of the Department of Bioarchaeology of the Institute of Archaeology in Kyiv, Ukraine.
キエフのウクライナ国立科学アカデミー考古学研究所の考古生物学教室の所蔵品からDNA分析用試料を選びました。
In most cases, only small cranial fragments were available for DNA extraction.
DNA抽出用試料の多くは、頭蓋骨の小片です。

Authenticity criteria
真実性の基準

There have been a variety of techniques suggested to minimize contamination with modern DNA, including amplifying small DNA fragments, cloning of PCR products and maintaining the strict conditions of sterility.
現代人のDNA混入の防止、DNA小断片の増幅、PCR法によるDNA複製、無菌状態の維持のための適正な方法を用いました。
These and other precautions were followed, such as minimizing the number of individuals handling the specimens and determining the mtDNA polymorphism pattern of the researchers who had the most direct contact with the specimens (Table 1).
さらに、試料を直接扱う研究者の数を最小限にし、研究者らのmtDNA型を明らかにしました。(表1)
While such precaution controls the most likely source of modern DNA contamination, the possibility of contamination by other exogenous sources that came into contact with the specimens prior to DNA extraction may still persist.
試料を扱う研究者は、現代人のDNA混入の一番の可能性ですが、DNA抽出以前に誰かが試料に触れてDNAが汚染されている可能性は否定できません。

Ancient mtDNA extraction, amplification and analysis
古代 mtDNAの抽出、増幅、分析

All sample preparation, DNA extraction and initial amplification was performed by a single person (AGN) in facilities dedicated to DNA work with spatially separated cleanup, DNA extraction, amplification and post-PCR processing.
全試料の前処理、DNA抽出、初回の増幅は、一人が行いました。 DNA抽出、増幅、後処理のための隔離されたクリーンな専用の実験室にて行いました。

Two temporary separated DNA extractions were performed per each osteological fragment.
各々の骨試料から時間を隔てて二回DNA抽出を行いました。
The surface of each specimen was treated with 253.7nm ultraviolet for 45min on all sides.
各試料は全ての表面を45分間、波長253.7nmの紫外線で照射しました。
Then, approximately 1mm of the surface was sanded off, after which the ultraviolet treatment was repeated.
さらに、表面層を約1mm削り落とした後、再び、紫外線照射しました。
Then, 300–400mg of the bone were cut off per extraction and ground with mortar and pestle.
それから、抽出試料一つ当たり300mgから400mgの骨を削り取り、乳鉢と乳棒で粉砕しました。
The powder was washed with 0.5M EDTA pH 8.0 then rinsed with water.
骨粉は、0.5M EDTA pH 8.0で洗浄し、その後、水洗しました。
DNA was extracted using a QIAGEN QIAmp DNA Investigator Kit (QIAGEN Inc., Valencia, CA, USA).
DNA抽出は、QIAGEN QIAmp DNA Investigator Kitで行いました。
Multiple blank extractions were performed for each specimen.
各試料に対し、複数のブランク抽出を行いました。
DNA was eluted in 50ml of water.
DNAは、50mlの水に溶かしました。

DNA was typed by amplifying the first hypervariable segment (HVS1) of the control region of mtDNA in overlapping segments (Table 2).
DNAは、mtDNAの遺伝子座制御領域を含む断片の第一超多変領域(HVS1)を増幅しました。(表2)
Amplifications of haplogroup-diagnostic segments of the coding region were subjected to restriction fragment length polymorphism (RFLP) analysis.
コーディング領域のハプログループ診断断片を増幅して、制限酵素断片長多型分析(RFLP )を行いました。
Haplogroup designation based on coding region RFLPs was produced from at least three independent PCRs from two different extractions.
制限酵素断片長多型分析(RFLP )によるハプログループの特定のために、二つの抽出物から別々のPCR複製を少なくとも三つ作りました。
DNA amplification was done using a QIAGEN Fast Cycling PCR kit, following the conditions optimized for fragments in the 10 to 100 copy range.
DNA増幅は、10から100複製範囲に最適な条件で、QIAGEN Fast Cycling PCR kitを用いて行いました。
Each HVS1 segment was amplified up to 4 times per extraction or until two independent amplification products were obtained per extraction.
第一超多変領域(HVS1)の各断片は、一抽出物当たり4倍に増幅されるか、一抽出物当たり、二つの増幅試料が得られるように行いました。
The HVS1 amplicons were cloned and subsequently sequenced.
それら第一超多変領域(HVS1)の増幅試料は、さらに複製して配列を分析しました。

RESULTS AND DISCUSSION
結果と考察

Out of 18 samples analyzed, 14 produced mtDNA amplification.
18個の試料の内、14個でmtDNA複製に成功しました。
Comprehensive haplotyping information was obtained for seven specimens (Table 1).
その内、十分なハプログループ情報が得られたのは、7例でした。(表1)
In seven specimens, the replicative analysis of ancient mtDNA could not be accomplished.
残りの7つの試料では、古代mtDNAの複製分析が出来ませんでした。
DNA sequences have been deposited in GenBank (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/genbank/) under accession numbers JN873355–873361.
得られたDNA配列は、国際塩基配列データベースに、アクセッション番号JN873355–873361として、登録しました。
Of the 286 HVS1 clones sequenced, only four (1.4%) could be identified as belonging to one of the three principal researchers.
三人の主要研究者の内の一人が配列を決定した、第一超多変領域(HVS1)の複製試料286例の内、4例のみが特定できました。
Most clones displayed amplification-replica-specific random non-repeatable nucleotide misincorporations occurring at non-phylogenetically relevant positions, which is consistent with the expected post-mortem nucleotide damage.
複製の大部分は、死後のヌクレオチド損傷のための系統的にあり得ない配列が見られ、それは、複製時に特徴的な反復性のないランダムな誤植です。
Two specimens were designated as members of haplogroup H, two were members of the U clade and three shared the 16223–16298– 16327 HVS1 sequence motif characteristic of the root sequence of haplogroup C.
二つの試料は、ハプログループHと分かりました。そして、二つが、ハプログループU系列でした。残りの三つは、ハプログループCの基礎配列に特徴的な第一超多変領域 の16223–16298– 16327配列 を持っていました。
Specimen Ya34 carried a transition at 16357, characteristic of the C4a2 subbranch of the C clade.
試料Ya34 は、16357が置き換わっていて、それは、C系列の枝 C4a2に特徴的です。
While the majority of mtDNA lineages found in the Neolithic remains from the NPR can be ascribed to the haplogroups of West Eurasian origin and are in agreement with those previously reported for prehistoric haplogroups in West Eurasia, our finding of East Eurasian lineages is uncommon in ancient European remains and has only been observed in the neighboring populations of the Carpathian Mountains.
もっとも、北ポントス地方の新石器時代の遺骨から得られたmtDNAの過半数は、西ユーラシア起源のハプログループに属するので、それは、西ユーラシアの先史時代のハプログループについての既存の研究に一致します。ところが、私たちが発見した東ユーラシア系列は、古代ヨーロッパ人には稀で、隣接するカルパチア山脈でのみ発見されています。
Haplogroup C is a derivative of the M8 subclade of the Asianspecific M clade.
ハプログループCは、アジアに特徴的なM型の亜型であるM8から枝分かれしたタイプです。
The frequency of M-derived lineages in the modern mtDNA pool of Eastern Europe is marginal, with the exception of an isolated population of Carpathian highlanders.
現代の東ヨーロッパ人のmtDNAで、M型系列の比率は微々たるものですが、カルパチア山脈の標高の高い地区の孤立集団には、例外的にM型系列が見られます。

The haplogroup C HVS1 root sequence motif was frequent in ancient populations of the Tarim Basin.
ハプログループC系の配列は、タリム盆地の古代人に多く見られます。
Modern Siberian populations as well as Neolithic populations of the Northern Baikal region and Northeastern Siberia have been found to harbor polymorphisms found in the C-bearing DD specimens.
現代のシベリア住民は、バイカル北部、シベリア東北部の新石器時代人と、ドニエプル・ドネツク文化時代人でC型が見いだされた個体が持っていた遺伝子多型を、現在も維持しています。
A C5-bearing specimen has been recently found in Neolithic Hungarian remains, extending the presence of the C clade in Neolithic Europe from the northern coast of the Black Sea to the Carpathians.
C5型を持つ新石器時代人がハンガリーで一例、見つかり、新石器時代のヨーロッパにおけるC系列の分布が、黒海北岸からカルパチアにかけてだと示しました。
The overall conclusion about the genetic composition of the builders of M-t cemeteries is that they were a genetically heterogeneous population that contained admixtures of mtDNA lineages from neighboring geographic regions as well as from the territories stretching far east.
全体の結論ですが、マリウポリ型墓地を造った人々の遺伝子構成は、混合していて、mtDNAは、地理的に隣接する地域の系統と、極東にまたがる地域の系統が共存していました。
The noticeable anthropological influences of DD on local post-Neolithic populations suggest the possibility of genetic continuity in populations succeeding the people who built the M-t cemeteries.
ドニエプル・ドネツク文化は、新石器時代以降もその地に大きな人類学的影響を残したので、マリウポリ型墓地を造った人々から、後世に遺伝的形質が受け継がれた可能性があります。
The genetic relationship between Neolithic DD populations and Copper-Bronze Age inhabitants of the North Pontic steppe is the subject of an ongoing investigation.
新石器時代のドニエプル・ドネツク文化と、北ポントス平原の銅・青銅器時代の住民の遺伝的関係は、今後の研究課題です。


posted by ウクライナ人妻の夫 at 19:23| Comment(0) | アーリア人の先祖 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。