2015年01月02日

凍ったシベリアのミイラが、失われた文明を語る

Frozen Siberian Mummies Reveal a Lost Civilization (英語)

Global warming may finally do in the bodies of the ancient Scythians.
地球温暖化が、古代スキタイ人の遺体に影響

http://discovermagazine.com/2008/jul/25-frozen-siberian-mummies-reveal-a-lost-civilization

By Andrew Curry|Wednesday, June 25, 2008
アンドリュー・カリー 2008年6月25日

ar neck.png

アルジャン第二遺跡で見つかった金のネックレス

That the warrior survived the arrow’s strike for even a short time was remarkable.
戦士が、矢が刺さった後、少しの間生きていたのは、すごい事です。

The triple-barbed arrowhead, probably launched by an opponent on horseback, shattered bone below his right eye and lodged firmly in his flesh.
三つの返しがある鏃(やじり)は、多分、馬に乗った敵が放ったのでしょうが、右目の下に深く刺さり、骨を貫きました。

The injury wasn’t the man’s first brush with death.
この傷は、彼の最初の死の洗礼ではありませんでした。

In his youth he had survived a glancing sword blow that fractured the back of his skull.
彼は、若い頃、剣の打撃で、後頭部を骨折しました。

This injury was different.
この傷は、別です。

The man was probably begging for death, says Michael Schultz, a paleopathologist at the University of Göttingen.
ゲッチンゲン大学の考古病理学者ミカエル・シュルツは、この男性は、殺してくれと頼んだはずだと言います。

Holding the victim’s skull in one hand and a replica of the deadly arrow in the other, Schultz paints a picture of a crude operation that took place on the steppes of Siberia 2,600 years ago.
犠牲者の頭蓋骨を片手に持ち、殺人的な矢のレプリカをもう片方の手に持ち、シュルツは、2600年前のシベリアのステップで行われた原始的手術の様子を説明します。

“The man was crying, ‘Help me,’” Schultz says.
この男性は、「助けてくれ」と叫んだでしょう。

Thin cuts on the bone show how his companions cut away his cheek, then used a small saw to remove pieces of bone, but to no avail.
骨に残る傷から分かります。仲間が彼の頬を切り取り、さらに小さな鋸で骨の一部を切り取ろうとして、上手く行きませんでした。

Pointing to a crack in the skull, he describes the next agonizing step:
頭蓋骨の裂け目は、次の恐ろしい治療を物語ります。

An ancient surgeon smashed into the bone with a chisel in a final, futile effort to free the arrowhead.
古代の外科医は、ノミで骨に穴を開け、鏃を取り出そうと無駄な努力をしました。

“Hours or a day later, the man died,” Schultz says. “It was torture.”
数時間か一日後ぐらいに、男は死にました。生き地獄でした。

The slain warrior’s remains were found in 2003, buried with those of 40 others in a massive kurgan, or grave mound, in southern Siberia at a site that archaeologists call Arzhan 2.
殺された戦士の遺骨は、2003年に発見されました。他の40人と一緒に大きな古墳に埋められていました。南シベリアのアルジャン第二遺跡です。

ardzan2.png

アルジャン第二遺跡

To find out more about the lives and deaths of these ancient people, Schultz has spent years teasing out the secrets of their bones, using techniques like those employed at crime scenes.
この古代人の生活と死について、もっと知るために、シュルツは、犯罪捜査で使う方法を用いました。

In April he announced the results of his research on the wounded warrior.
四月に、負傷した戦士の研究結果を公表しました。

His body, Schultz says, bore some of the earliest evidence of battlefield surgery.
シュルツによると、それは、最も古い時代の野戦手術の証拠です。

(Prior to this announcement, in October 2007, Schultz had reported a finding on a prince buried at the center of the Arzhan 2 mound.
(シュルツは、2007年10月に、アルジャン第二遺跡の中央に埋葬されていた王子についての研究を発表しました。

Using a scanning electron microscope, Schultz found signs of prostate cancer in the prince’s skeleton. This is the earliest documentation of the disease.)
走査型電子顕微鏡を使い、シュルツは、王子の骨格に前立腺癌の痕跡を発見しました。この病気の最も古い例です。)

The Arzhan 2 skeletons, which belong to warrior-nomads the ancient Greeks called Scythians, are part of a spectacular series of finds in remote sites in central Asia.
アルジャン第二遺跡の遺骨は、古代ギリシャ人がスキタイ人と呼んだ戦闘遊牧民で、中央アジアの辺境での素晴らしい発見の一つです。

One of the discoveries dates back to the 1940s when mummies were found in the Altai Mountains, which run through Siberia and Mongolia.
シベリアとモンゴルの間のアルタイ山脈で、ミイラが見つかったのは、1940年代です。

Later, after the fall of the Soviet Union, when some of the sites became more accessible for excavation, the pace of Scythian-related discoveries picked up.
ソ連崩壊後、これらの遺跡の発掘が可能になり、スキタイ人に関する発見が相次ぎました。

The warrior skeleton Schultz is talking about, for example, was found on a plain not far from the 1940s discovery.
例えば、シュルツが説明する戦士の遺骨は、1940年代の発掘場所の近くの平原で見つかりました。

More recently, other well-preserved mummies—not skeletons—have been found at altitudes of 8,000 feet in the valleys of the Altai Mountains.
もっと最近の発見では、遺骨ではなくて保存状態の良いミイラが、アルタイ山脈の標高8000フィート(2400m)の谷間で見つかりました。

Still other discoveries have been made on the coast of the Black Sea and the edge of China.
発見は、黒海沿岸から中国の辺境にまで及びます。

Together, the evidence illuminates aspects of the Scythians’ unusual culture, from tattooing warriors to creating intricate metalwork.
これらの発見で、刺青をした戦士や高度な金属加工技術を持つスキタイ人の非凡な文化が、明らかになりました。

Never constituting an empire, the Scythians were a network of culturally similar tribes that ranged from Siberia to Egypt almost 3,000 years ago and faded away around A.D. 100.
国家を作らなかったスキタイは、同質な文化を持つ部族の総称で、約3000年前にシベリアからエジプトまで進出し、紀元後100頃に、姿を消しました。

The Greek historian Herodotus describes the Scythians as murderous nomads.
ギリシャの歴史家ヘロドトスによると、スキタイ人は、殺人的遊牧民でした。

As for how the Scythians—who did not have a written language—perceived themselves, only their artifacts and human remains are left to speak for them.
スキタイ人は、文字を持たなかったので、残された芸術品と遺骸のみが、彼らを知る手掛かりです。

For Hermann Parzinger, the 49-year-old German archaeologist who excavated the tombs of the wounded warrior and the cancerous prince, the Scythians have been an obsession.
負傷した戦士と癌に罹った王子の墓を発掘した49歳のドイツの考古学者ヘルマン・パルジンガーは、スキタイ人に没頭して来ました。

Even so, he and his Russian colleague Konstantin Chugonov were surprised to find that the grave mound contained the bodies of 26 men and women, most of them apparently executed to follow the ruler into the afterlife.
それでも、彼とロシアの共同研究者コンスタンチン・チュゴノフは、驚きました。古墳には、死後の世界で首領に付き添うために処刑された26人の男女の遺骸があったのです。

One woman’s skull had been pierced four times with a war pick; another man’s skull still had splinters in it from the wooden club used to kill him.
一人の女性の頭蓋骨は、戦闘斧で四回叩かれていて、別の男性の頭蓋骨には、彼をたたき殺した棍棒の木の破片が入っていました。

The skeletons of 14 horses were arranged in the grave. More impressive was the discovery of 5,600 gold objects, including an intricate necklace weighing three pounds and a cloak studded with 2,500 small gold panthers.
墓には、14頭の馬の骨がありました。さらに、驚くべきは、5600個の金製品の発見です。3ポンドの重さの華麗な首飾りと、2500個の小さな金の豹が付いた上着がありました。

豹.png

金の豹

After the Arzhan 2 finds, Parzinger—who until this year headed the German Archaeological Institute—was tantalized by the possibility of finding a well-preserved mummy that would give archaeologists and pathologists insights into the Scythian culture that bare skeletons never could.
アルジャン第二遺跡での発見後、今年までドイツ考古学協会の会長だったパルジンガーは、遺骨からは得られないスキタイ文化の情報を考古学者や病理学者にもたらす、保存状態の良いミイラ発見の可能性に色めき立ちました。

“High in the mountains, you can find remains in a preserved condition that just doesn’t exist in other places,” Parzinger, now head of the Prussian Cultural Heritage Foundation in Berlin, says. “Instead of archaeology, it’s a kind of ethnography.”
「高山では、他の場所では残らない保存状態の良い遺骸が見つかる可能性があります。」現在、ベルリンのプロシア文化遺産基金の会長であるパルジンガーは言います。「これは、考古学ではなく、民族誌学です。」

In the summer of 2006, his search took him to a windswept plain in the Altai Mountain range that is peppered with Scythian grave mounds.
2006年夏、彼は調査で、スキタイの古墳が点在するアルタイ山脈の吹きさらしの高原に来ました。

Parzinger worried that mummies in the highlands may not be around much longer, as global warming reverses the chill that has preserved them for millennia.
数千年間ミイラを保存してきた高山の氷が、地球温暖化で間もなく消える事を、パルジンガーは心配しました。

A team of Russian geophysicists had surveyed the area in 2005, using ground-penetrating radar to look for telltale underground ice. Their data suggested that four mounds could contain some sort of frozen tomb.
ロシアの地球物理学者チームが、2005年にその一帯の地下の氷を、地中レーダーを使って調査しました。

Parzinger assembled 28 researchers from Mongolia, Germany, and Russia to open the mounds, on the banks of the Olon-Kurin-Gol River in Mongolia. The first two mounds took three weeks to excavate and yielded nothing significant. A third had been cleaned out by grave robbers centuries earlier.
パルジンガーは、モンゴル、ドイツ、ロシアの研究者28人を募り、モンゴルのオロン・クリン・ゴル河畔の古墳発掘を行いました。最初の二つの古墳は、三週間発掘し、ほとんど成果なしでした。三番目の古墳は、数世紀前に墓泥棒に遭っていました。

The radar data for the fourth mound—barely a bump on the plain, just a few feet high and 40 feet across—were ambiguous at best.
レーダー調査では、高原の小さな盛り土、直径40フィート(12m)で高さ数フィート(1m)の四番目の古墳の中は、不明確でした。

But a thrill went through the team as they dug into it.
でも、発掘隊がそこを掘った時、戦慄が走りました。

Buried under four and a half feet of stone and earth was a felt-lined chamber made of larch logs.
石と土を四フィート半(140cm)掘った時、フェルトで内張りされた、カラマツの丸太の墓室が出て来ました。

Inside was a warrior in full regalia, his body partially mummified by the frozen ground.
中には、凍土のため部分的にミイラ化した正装の戦士の遺体が、横たわっていました。

Researchers recovered the mummy intact, along with his clothes, weapons, tools, and even the meal intended to sustain him in the afterlife.
研究者らはミイラを無傷で取り出しました。衣服と武器と道具と、死後の世界で食べる食事までありました。

He shared his grave with two horses in full harness, slaughtered and arranged facing northeast.
彼の墓室には、殺されて北東を向いた完全装備の二頭の馬が一緒に埋葬されていました。

Mongolia’s president lent the team his personal helicopter to shuttle the finds to a lab in the country’s capital, Ulaanbaatar.
モンゴルの大統領は、彼の専用ヘリコプターを発掘チームのために派遣し、発掘品を首都ウランバートルの研究所にピストン輸送しました。

The mummy’s body spent a year in Germany; his clothes and gear are at a lab in Novosibirsk, Russia.
ミイラ自体は、ドイツで一年間、調べられ、衣服と副葬品は、ロシアのノボシビルスクの研究所で調べました。

Before Parzinger opened his grave, the warrior had lain for more than 2,000 years on an ice lens, a sheet of ice created by water seeping through the grave and freezing against the permafrost below.
パルジンガーが墓を開けるまで、戦士は、永久凍土の上に出来た氷の中に、2000年以上横たわっていました。

The mummy “had been dehydrated, or desiccated, by the ice in the grave,” Schultz says.
シュルツによると、ミイラは、墓の中でフリーズドライされていました。

Scythian mummies show signs of primitive embalming: Internal organs were removed and replaced with grasses, for instance. The combination of ice and intentional preservation resulted in remarkably resilient specimens.
スキタイのミイラは、原始的な防腐処理が施されています。例えば、内臓を取り除き草を入れました。氷と意図的な防腐処理が、素晴らしい保存を可能にしました。

When Schultz shows me the mummy, housed in the same lab as the skeleton of the wounded warrior, the temperature is a comfortable 70 degrees, and sunlight streams onto its leathery flesh.
シュルツが、ミイラを私に見せてくれた研究室には、怪我をした戦士の骨も保管していて、室温は適度な華氏70度(摂氏21度)で、ミイラの皮膚には日光が当たっていました。

The mummy’s facial features were destroyed. But in this instance—unlike the case of the wounded warrior skeleton—the destruction was inflicted by nature.
ミイラの顔は、破壊されていました。この場合は、怪我をした戦士の遺骨の場合と違い、自然の結果です。

When the ice lens formed under the burial chamber, it expanded upward.
墓室の下に出来た氷が、上に成長しました。

“The extent of the ice was so high, the body was pressed against the logs on the ceiling and smashed,” Schultz says.
下から盛り上がってきた氷が、遺体を持ち上げ、丸太の天井に押し付けて砕きました。

The skull shattered, making facial reconstruction impossible.
頭蓋骨は、顔の再生が不可能なぐらい砕かれました。

His chest, too, was crushed. Still, a lot can be learned. “You can establish a kind of biography from the body,” Schultz says.
胸の部分も潰れました。でも、多くの事が分かります。遺体から、彼の一生が描けます。

He notes that the mummy’s teeth are surrounded by pitted bone—evidence of painful gum disease,
ミイラの歯周の骨の穴は、激痛を伴う歯周病の証拠です。

probably the result of a diet rich in meat and dairy but lacking in fruits and vegetables.
肉と乳製品中心の食事で、果物や野菜が不足していたからでしょう。

Between 60 and 65 years old when he died, the man was slim and just about 5 feet 2 inches.
彼が死亡したのは、60歳から65歳で、痩せ型で身長5フィート2インチでした。(157cm)

At some point he had broken his left arm, perhaps in a fall. His vertebrae show signs of osteoarthritis from years of pounding in the saddle.
左腕に骨折の痕があります。落下したのでしょう。背骨の変形関節症は、長年の乗馬のためでしょう。

Badly worn arm and shoulder joints testify to heavy use. “That kind of osteoarthritis and joint damage is very characteristic if you handle wild horses,” Schultz says.
腕と肩の関節の磨耗は、過重負荷を物語ります。「この様な変形関節症と、関節の損傷は、野生馬を操ったためでしょう。」シュルツは言います。

The clues reinforce what Parzinger and others have suspected: He belonged to the Scythians, a seminomadic culture that once dominated the steppes of Siberia, central Asia, and eastern Europe.
これらの特徴は、パルジンガーらの予想を裏付けます。ミイラが、かつて、シベリア、中央アジア、東ヨーロッパのステップを支配した半遊牧文化の担い手、スキタイ人であると。

Beginning around 800 B.C., the Scythians thundered across the central Asian steppes, and within a few generations, their art and culture had spread far beyond the steppes of central Asia.
紀元前800年頃から、スキタイ人は、中央アジアのステップを駆け抜け、数世代の内に、彼らの芸術と文化が、中央アジアのステップの向こう側まで広がりました。

The Scythians’ exploits struck fear into the hearts of the ancient Greeks and Persians.
スキタイの進出は、古代ギリシャ人とペルシャ人を恐怖に陥れました。

Herodotus wrote about their violent burial customs, including human sacrifice (which the Arzhan 2 find tends to confirm) and drug-fueled rituals.
ヘロドトスは、彼らの野蛮で残酷な風習について記述しました。人身御供(アルジャン第二遺跡が証明しています)や麻薬を使った儀式などです。

He speculated that they came from mountains far to the east, in the “land of the gold-guarding griffins.”
ヘロドトスは、スキタイ人が、東の彼方の山岳地帯「黄金を護るグリフィンの国」から来たと推測しました。

Archaeologists say the Scythians’ Bronze Age ancestors were livestock breeders living in the highlands where modern-day Russia, Mongolia, China, and Kazakhstan intersect.
考古学者によると、青銅器時代のスキタイ人の先祖は、現在のロシア、モンゴル、中国、カザフスタンの間の高地で家畜を飼っていました。

Then “something changed,” Parzinger says. Beginning around 1000 B.C., a wetter climate may have created grassy steppes that could support huge herds of horses, sheep, and goats.
その時、何かの変化が起きたと、パルジンガーは言います。雨が増えて、ステップに草が茂り、多数の馬や羊やヤギが養えるようになったのかもしれません。

People took to horseback to follow the roaming herds. Around 800 B.C., all traces of settlements vanish from the archaeological record.
人々は、馬の背に乗って家畜の群れを追いました。考古学的調査では、定住地は、およそ紀元前800年に放棄されました。

Archaeologists usually draw their clues from ordinary artifacts and human remains,
考古学者は、通常、一般的な工芸品や遺骨から推論します。

so while the grave gold from the nomadic Scythians is sumptuous, the real prize is the ancient people themselves.
スキタイの墓から見つかる金製品は豪華ですが、古代の人の遺骸が一番の宝物です。

A century of digging at lower altitudes and in the warm Ukrainian plains rarely yielded more than skeletons or jewelry.
低い標高の土地や暖かいウクライナの平原で、100年発掘しても、骨や装飾品しか見つかりません。

In the late 1940s, Soviet archaeologist Sergei Rudenko traveled to the Pazyryk region of the Altai Mountains and made some stunning finds.
1940年代終わりに、ソ連の考古学者セルゲイ・ルデンコが、アルタイ山脈のパジリク地方に旅して、衝撃的な発見をしました。

Richly appointed wooden chambers contained well-preserved mummies, their skin covered in elaborate, twisting animal tattoos.
豪華な造りの木の墓室から、良好な保存状態のミイラが見つかり、その肌には、精巧に動物を描いた刺青が残っていました。

Their brains, intestines, and other organs had been removed and the corpses sewn up with horsehair.
脳や小腸やその他の内臓は取り出され、遺体の傷は、馬の毛で縫い合わされていました。

The dead had been dressed, armed, and laid to rest in chambers lined with felt blankets, wool carpets, and slaughtered horses.
死者は、服を着て、武器を持ち、フェルトの毛布と羊毛の絨毯で内張りされた墓室に、殺された馬と一緒に安置されました。

In 1992 Russian archaeologists began a new search for ice lenses—and mummies.
1992年にロシアの考古学者は、氷に包まれたミイラを捜しました。

Natalya Polosmak, an archaeologist in Novosibirsk, discovered the coffin of an elaborately tattooed “ice princess” with clothes of Chinese silk at Ak-Alakha, another site in the Altai Mountains.
ノボシビルスクの考古学者ナタリヤ・ポロスマクは、アルタイ山脈の別の場所、アク・アラハで、中国産の絹の服を着て精巧な刺青をした「氷の王女」の棺を発見しました。

Other finds in this area included a burial chamber with two coffins. One coffin contained a man, the other a woman armed with a dagger, war pick, bow, and arrow-filled quiver.
この地域での別の発見は、二つの棺が安置された墓室です。一つの棺には男性が入っていて、もう一つの棺には、短剣と戦闘斧と弓と矢が詰まった矢立を持つ女性が入っていました。

danjo.png

男女の墓室

She wore trousers instead of a skirt.
女性は、スカートではなくズボンをはいていました。

The find lent credence to some scholars’ suggestions of a link between the Scythians and the legendary Amazons.
この発見は、スキタイと伝説のアマゾネスとの関係を指摘する学説を支持します。

In the early 1990s, just a few miles from that site, Parzinger’s partner Vyacheslav Molodin uncovered the more modest mummy of a young, blond warrior.
そこから数マイルの地点で、1990年代初めに、パルジンガーの共同研究者ヴャチェスラフ・モロジンは、もっと質素な若い金髪の戦士のミイラを発掘しました。

The burial style resembled that of Parzinger’s mummy, the one found at the Olon-Kurin-Gol River whose face was crushed by ice.
埋葬形式は、パルジンガーがオロン・クリン・ゴル川で見つけた氷で顔を砕かれたミイラに似ていました。

Parzinger fears global warming may soon put an end to the search for Scythians.
パルジンガーは、地球温暖化で、スキタイ人探しが、出来なくなるのではと心配します。

Rudenko’s dig diaries contain reports of weather far colder than what modern archaeologists experience in the Altai.
ルデンコの発掘日記は、アルタイで現代の考古学者が経験するよりも、ずっと寒冷な気候を記録しています。

“When you read descriptions from the 1940s and compare them with the climate of today, you don’t need to be a scientist to see there’s been a change,” Parzinger says.
パルジンガーは言います。「1940年代の記述を読んで、現在の気候と較べるのに、科学の知識が要らないほどです。」

Geographer Frank Lehmkuhl from the University of Aachen in Germany has been studying lake levels in the Altai region for a decade.
ドイツのアーヘン大学の地理学者フランク・レームクールは、十年間、アルタイ地方の湖の水位を研究しています。

“According to our research, the glaciers are retreating and the lake levels are rising,” Lehmkuhl says.
レームクールは言います。「研究で、氷河の後退と、湖の水位上昇が分かりました。」

With no increase in the region’s rainfall, the change “can only come from melting permafrost and glaciers.”
その地域の降水量は増えていないので、永久凍土と氷河が溶けたと考えられます。

As the permafrost thaws, the ice that has preserved the Scythian mummies for so many centuries will thaw too.
永久凍土が融けると、スキタイのミイラを何千年も保存して来た氷も融けます。

In the Olon-Kurin-Gol grave, the ice that once crushed the mummy against the roof of the burial chamber had receded nine inches by the time the chamber was opened.
オロン・クリン・ゴルの墓で、ミイラを墓室の天井に押し付けて砕いた氷は、発掘時から、9インチ(23cm)減りました。

Within a few decades, the ice lenses may be completely gone. “Right now we’re facing a rescue archaeology situation,” Parzinger says. “It’s hard to say how much longer these graves will be there.”
数十年で、その氷の層は消えるでしょう。パルジンガーは言います。「考古学的遺物を救い出す瀬戸際に立っています。いつまで墓が無事かは分かりません。」



posted by ウクライナ人妻の夫 at 18:36| Comment(0) | スキタイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。